日王世子、ガザ地区の子供の被害に「胸が非常に痛い」

Estimated read time 1 min read

イスタンブール

まれに懸念される発言で、日本のフミヒト皇太子は、パレスチナが捕虜のガザ地区で紛争中に犠牲者になった子どもたちを見て、「激しい」苦しみを感じたと言いました。

ガザ地区戦争で多くの子どもたちが犠牲になった後、日本皇太子は「心臓が非常に痛い」と話した。

去る10月7日以降、イスラエルのガザ地区爆撃で約6,150人の子供が命を失いました。

文仁は今週初め、ジャーナリストとの対話でこのような話をしたが、彼の58回目の誕生日を迎えた木曜日に公開された。

東京に本社を置く刑務所の通信によると、記者たちはフミヒトに昨年の「注目すべき」事件について尋ねました。

皇太子は「ロシアのウクライナ侵攻とガザ地区でパレスチナ武装団体ハマスとイスラエルとの葛藤を嘆いた」と話した。

イスラエルは去る10月7日、ハマスの国境攻撃以後、ガザ地区で大規模軍事作戦を開始した。

この地域の保健当局によると、その後、この地域で子供6,150人と女性4,000人を含む15,000人以上が死亡しました。

イスラエルの公式死者数は1,200人だ。

ガザ地区メディア局長のイスマイル・アル・タワブタは水曜日、アナドルに「4,700人以上の子供と女性を含む約6,500人の行方不明者がいるが、瓦礫の中にいるか、彼らの運命がまだ知られていない」と話した。

日本はハマスを強く非難したが、日本はガザ地区のパレスチナ人に約7,500万ドルの人道支援を提供すると約束した。

Anadolu Agency Webサイトには、AAニュース放送システム(HAS)で購読者に提供されるニュース記事の一部のみが要約された形式で含まれています。 購読オプションについてはお問い合わせください。

READ  かすみ石川、日本の優勝のために仲間のオリンピック選手伊藤を食い止める
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours