経済

日産、「プレートを変える」電気自動車バッテリープランビジネス

東京(AP) – 日産は、より速く、より軽く、安全な充電を約束する新しいタイプの電気自動車用バッテリーについてNASAと協力していると日本の自動車会社が金曜日に述べた。

日産によると、全固体電池は、2028年の製品発売と2024年のパイロット工場の発売に現在使用されているリチウムイオン電池を置き換えるという。

全固体電池は心拍数調整器に使用するのに十分安定している。 完了すると、現在のバッテリーの約半分のサイズで数時間ではなく15分で完全に充電されます。

同社長は、米国宇宙プログラムやカリフォルニア大学サンディエゴとのコラボレーションにはさまざまな材料のテストが含まれていると述べた。

「NASA​​とNissanの両方が同じ種類のバッテリーを必要とする」と彼は言った。

NissanとNASAは、コンピュータ化されたデータベースである「原材料インフォマティクスプラットフォーム」と呼ばれるものを使用して、何十万もの材料の中で何が最もうまく機能しているかを確認するために、さまざまな組み合わせをテストしているとDoiは語った。

目的は、リチウムイオン電池に必要な希少金属などの高価な材料の使用を避けることです。

日産はまた、バッテリー技術は異なるが、2010年に初めて市場に発売され、世界中で50万台以上を販売したLeaf電気自動車の歴史的経験を期待しているとDoiと他の会社関係者は語った。

リーフバッテリーは、道路で大きな事故が発生しておらず、バッテリーセルの積層などの技術の一部は依然として一般的であると彼らは言った。

日本のライバルであるトヨタ自動車とドイツのフォルクスワーゲン、米国のフォード自動車、ジェネラルモーターズなど他の完成車メーカーも全固体バッテリー開発に拍車をかけている。

最近、General Motorsと日本の自動車メーカーHonda Motor Co.は、次世代電気自動車に協力していると述べた。

しかし、日産の国中中黒副社長は、日産が非常に競争力があり、開発中のバッテリーが「ゲームチェンジャー」になると述べました。

気候変動と公害を誘発する化石燃料の使用に対する懸念で電気自動車への関心が高まっている。 TeslaやWaymoなどのEV部門のプレイヤーも成長し、競争が激化しています。

横浜に本社を置く日産モーター株式会社は、元スーパースターのエグゼクティブ Carlos Carlos のスキャンダルの後ろに隠れたことに熱心でした。 彼は2018年に日本で多様な金融違法の疑いで逮捕されたが、2019年末に宝石として解放され、現在は日本と犯罪であるインド条約が締結されていない祖国レバノンに住んでいる。 彼は無実だと言う。

20年間、日産を率いたGhosnは、3月のサブコンパクトとインフィニティラグジュアリーモデルも作る会社で電気自動車ドライブを主導しました。

———

影山ガラスツイッター https://twitter.com/yurikageyama

著作権2022 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、再作成、再配布することはできません。

READ  最近のウイルスの緊急事態は、日本の景気回復期待を弱めることができます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close