経済

日産、エンジンにCO2排出削減の突破口宣伝

Nissan Motor Co.は、金曜日に開発されているe-Powerハイブリッド技術を使用して、50%の熱効率を達成するために画期的に到達しており、これは二酸化炭素の排出量をさらに削減することができると明らかにした。

この新しい熱効率レベルはすぐにリリースされるe-Powerエンジンの40%の熱効率レベルよりも燃料消費量を25%向上させると会社は言った。

会社は声明で、「日産のエンジンの開発に関する最新のアプローチは、現在、自動車産業の平均熱効率の40%を超え、世界最高水準に基準を高め、車両のCO2排出量をさらに削減することができました。」と述べて。

Nissanは熱効率が50%であるe-Power技術がいつリリースされるか明らかにしていない。

日産のパワートレインとEVエンジニアリング部門上級副社長である平井敏弘(Toshihiro Hirai)は金曜日、この自動車メーカーが運転中のCO2排出量を削減するために、e-Powerの熱効率を最大化していると記者団に語った。

2016年に日本で初めて導入されたe-Power技術は、ガソリンエンジンを使用して、車両に電力を供給するバッテリーを充電します。

Hiraiは「(従来のエンジンの)熱効率を30%から40%に高めることに50年を要した。

「しかし、e-Powerを使用すると、数年以内に50%まで増やすことができます。 これエンジニアリングコミュニティの目標でした。」と彼はそのレベルを「最終で挑戦的な目標」と説明しました。

これを達成するために、Nissanはシリンダ内のガスの流れと点火を強化して、より希釈された空気 – 燃料混合物を高い圧縮率で燃焼すると言いました。

「このような基本的な技術を構築しなければ、炭素中立性を達成することができません。」とHiraiは言いました。

自動車メーカーは、先月の主要な市場のすべての新しいモデルが2030年代の初めまで電気に変換され、2050年までにカーボンニュートラルを達成すると発表した。

Nissanはまた、会計年度2023年の終わりまでに年間100万台以上の電気自動車の販売予想されると述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ソフトバンクも2,980円の新たな計画を発表したり、主要なブランドの料金も刷新 - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close