トップニュース

日産、三菱自動車、日本向け軽量電気自動車を公開

倉敷、日本、5月20日(ロイター) – 日本の三菱モーター株式会社(7211.T)と日産モーターコ(7201.T)は、より多くの日本のドライバーをバッテリ駆動方式で引き込むために共同開発した最初の軽量電気自動車(EV)を公開しました。 安価なマイクロモデルを提供する車。

フランスの自動車メーカーRenault SA(RENA.PA)との提携の一部である2つの日本の自動車メーカーは、かつて日本のEV市場の先駆者とされていたが、顧客誘致に困難を経験し、Tesla(TSLA.O)のように急速に成長する新規企業の挑戦に直面しています。 。

内田誠日産最高経営者(CEO)は、日本西部倉敷市で開かれた新モデル公開イベントで「同盟を代表する(新型)自動車が日本電気自動車の版図を変えると確信する」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

自動車メーカーは、日本の道路で自動車のほぼ40%を占めるマイクロ「K」自動車に対する日本独自の市場での地位を活用することを望んでいます。

今年初め、3社の同盟は、kei自動車を含むEV開発に260億ドルを投資する5カ年計画を詳しく説明しました。 もっと読む

LeafとAriya電気自動車を生産する日産は、政府補助金を考えると約178万円($13,891)から始まり、180km(112マイル)まで走行できる最初の軽量EVである桜を提供する予定です。

i-MiEV電気自動車メーカーである三菱モーターズが補助金を含め約185万円から、走行距離も180kmの「eKクロスEV」を発売する予定だ。

両自動車メーカーは、今年の夏、新しい電気「ケイ」自動車のラインナップを販売し始めると述べた。

日産地域のプロダクトマネージャーである杏樹玲樹氏は、「EVが高すぎると思っていた人々がEVにもう少し関心を持っていて、喜んで試してみる」と述べた。

($1 = 128.1400円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

杉山さとしさんの報告 Edmund Klamann 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  踊る「古いドキドキ」、日本チックトークセンセーション

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close