日産、日本で第2世代e-POWERシステム搭載セレナを披露

1 min read

日産 リリース 日本で完全に改編されたセレナ。 ガソリンモデルは今年の冬、e-POWERモデルは春から販売される予定だ。 Serenaは、完全に新しく開発された1.4Lエンジンを搭載した第2世代e-POWERシステムを備えています。 このシステムは、より少ないエンジンノイズでより強力で滑らかな加速を提供します。

日産は2018年のセレナe-POWERモデルを初めてリリースしました。前の投稿)—e-POWERシステムが適用された2番目の2番目のモデルで、2016年に日本日産ノートに初めて導入されました。 シリーズハイブリッドe-POWERは日産LEAFのEV技術を採用しています。 しかし、リーフの電池電動パワートレインとは異なり、e-POWERは小型ガソリンエンジンを追加し、必要に応じて小型高出力バッテリーを充電し、外部充電器が不要ながらも同じ高出力を提供する。 e-Power車両はグリッド充電を使用しません。

221128-01-j_engine_02

セレナe-POWERエンジン


e-POWERシステムは完全な電気モータードライブを提供します。 e-POWERは、高出力バッテリー、ガソリンエンジン発電機、インバーター、モーターで構成されています。 エンジンの効率的な固定点運転は、エンジンの動作範囲を制限することによって達成され、発電専用エンジンでのみ可能です。

221128-01-j_engine_01

Serena e-POWERエンジン/バッテリー


セレナには、車速、交通状況、ナビゲーションシステムによってエンジンがオン/オフする時点を制御するエネルギー管理技術も搭載されています。 減らされたエンジン操作はより静かな屋内に貢献します。

221128-01-j_engine_05

セレナe-POWERエンジン


e-POWER制御技術は、交通情報と路面情報を活用してバッテリパックを充電するためにエンジンを起動するタイミングを最適化し、EVと同等の実際の燃費と静粛性を向上させることを目的としています。

e-POWERのインテリジェントパワートレイン管理は、ドライバーの家、交通渋滞地域、ハロー、および下り坂の位置情報に基づいて、エンジンの起動が必要な時点を事前に予約できます。 これらの情報と高度な計画の組み合わせは、家の周りや交通渋滞中にEVなどの運転を可能にし、過酷な道路や下り坂でバッテリーを充電することで、実際の燃費と静粛性を向上させることができます。

READ  Google 'Nest Wifi Pro' 6E、より高い価格で流出
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours