技術

日産、180億ドルの投資計画で電気自動車市場の掌握

日産は、バッテリ駆動の自動車を「民主化」し、既存のグローバル自動車メーカーやテスラなどの新規企業に対する優位性を主張するために、2兆円(177億ドル)の車両電化計画を発表しました。

日産 Ambition 2030 という長期戦略を実施し、日本の自動車メーカーは内燃機関の車両生産の中断を予測していない。 一部のアナリストは、これらの発表が差し迫る可能性があると推測しました。

しかし、当社は会計年度の2026年までの欧州販売の75%、2030年までの米国販売の40%を電気自動車販売目標に設定しました。

日産の計画には、2030年までに23の「電気化」車両モデルの導入が含まれており、そのうち15は完全電気です。 残りはハイブリッドであるか、バッテリーで駆動されますが、ガソリンエンジンを介して再充電される車両の日産の「e-power」の指定に属します。

以前に発表された戦略要素には、日産のサンダーランド事業を電気自動車生産のハブに変えるのに役立つ英国への14億ドルの投資が含まれていました。

日産の誠内田最高経営者(CEO)は、この計画が近年、会社の不況、利益の安定性に対する新たな感覚と自動車市場の根本的な変化を終えてきたと述べた。

内田は「日産は危機から外れ、新たな出発をする準備ができた」と話した。

日産の株価は月曜日4.5%下落し、日本3大自動車メーカーのうち最悪の実績を記録した。 同社はまた、ウチダが言及していない元の上司カルロス・ホスンに関連するスキャンダルから回復している。

この自動車メーカーの野望には、全固体電池技術の成功への賭けが含まれています。 ASSBは、バッテリーから放電できるエネルギー量の尺度であるより広い範囲と電力密度を提供します。 車両メーカーと投資家はコスト削減、パフォーマンスの向上、安全性の向上を認めていますが、ASSBはまだ一般市場フォーマットで安定して提供できません。

日産は、今後3年以内にASSBデバイス用のパイロット工場を建設するだけでなく、2029年3月に終わる会計年度まで、公衆市場の電気自動車にこの技術を提供する計画です。

日産の強力な国内ライバルであるトヨタを含む他の自動車メーカーは、潜在的に変革的な技術である完全ソリッドステートバッテリーをめぐって激しい競争を繰り広げています。

一方、日産は既存のリチウムイオン電池のコストを引き続き削減し、今後8年以内にこのコストを65%まで削減できるとUchida氏は述べた。

電気自動車に対する日産の野望は、引き続き水素や燃料電池など他の技術を目指している日本の競合他社を上回っています。

Ghosnの指揮の下、Nissanは10年前に第1世代Leafモデルを発売し、電気自動車を大量市場に発売しました。 Volkswagen、Ford、General Motorsなど、米国およびヨーロッパの競合他社は、その後急速に増加するグローバル需要を念頭に置いて電気自動車を開発しました。

しかし、誰もがこの野心を明確な気候約束に変えたわけではありません。 今月、グラスゴーで開かれたUN COP26首脳会談で、11の自動車会社だけが2040年まで化石燃料自動車を廃止するという宣言に署名しました。 日産はトヨタ、ホンダ、BMWと署名しませんでした。

#techAsiaニュースレター

Asia Techの世界で数十億ドルが発生し、失われるための重要なガイドです。 FTとNikkeiの独占ニュース、鮮明な分析、スマートデータ、最新の技術バズの選択メニュー

ここからワンクリックでサインアップしてください。

READ  Fortnite、ビデオゲームの取り締まりで中国で閉鎖

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close