日産が日本発売を控えて3番目のEVコンセプト予告

Estimated read time 1 min read

日産は来週開かれる日本モビリティショーを控え、今月第3のEVコンセプトを公開した。 Hyper Tourerは、以前に驚いた他の2つのコンセプトレンダリングを日本で物理的な存在に組み合わせるシューズボックスの空気力学の練習です。

日産、特にグラフィックデザイナーチームにとっては忙しい一ヶ月でした。 日本の自動車メーカーはレンダリング形態ですが、少なくともこれまではユニークなEVコンセプトで大衆に関心を持ってきました。

この戦略は日産が日本モビリティショーを控えて新しいデジタルモデルを公開する「ハイパー」コンセプトキャンペーンの一環だ。 自動車メーカーは、新シリーズで「高められた興奮」を表現するために「ハイパー」という言葉を選択したと説明しました。 日産は現在有谷と伝説的なモデルのみ提供していますので、製品モデルの形になることを願っています。 LEAF日付。 つまり、私たちは今後さらに多くのことがあると確信しました。

10月上旬、Nissanは折りたたみ可能なフロントシートと完全にカスタマイズ可能なディスプレイを備えた万華鏡に触発された未来的なクロスオーバーであるHyper Urban EVコンセプトを共有しました。 1週間後、私たちは大型バッテリー、車両対積載機能、スノートラクションギアを備えたホイールとバンパーを特徴とする空気力学研究であるHyper Adventure SUVを見ました。

3つの要素を完成させるために、日産はハイパーツーリングという3番目のEVコンセプトを発表しました。 これは抽象的な兄弟姉妹ほどセクシーではありませんが、公開デビュー前に一度見てみる価値のあるミニバンの新鮮なスピンです。 自分で確認してください。

日産のミニバンEVコンセプトは何か

ハイパーツーラー(Hyper Tourer)は見どころです…あなたが未来のミニバンに興味を持っているなら、そうでない人もいますか? 日産はまだからかっています 別のレンダリングセット 今夜の最新コンセプトを披露し、来週日本で実際のバージョンを公開する予定です。

日産はハイパーツーラーを「自動車旅行でも出張でも人生でもっと素敵なものを鑑賞し、友人や同僚と楽しい時間を過ごす個人」のためのミニバンデザインだと説明しています。 日本の概念 表参市「日本のおもてなし」を意味するのは、自律走行機能、V2X(Vehicle-to-Everything)機能、大容量バッテリーパックなど、みんなの快適な乗り心地をサポートするために各所に配置された。

内部にはコンセプトのオーバーヘッドコンソールと照明が日本の伝統を披露します。 久美子 そして コウシ 床の平面LEDパネルは川の底と空を示しています(上記を参照)。 日産はEV内部の他の機能について詳しく説明した。

前席は360度回転が可能で、前席乗客と後席乗客が顔を合わせて会話を交わすことができる。 後部座席の乗客はウェアラブルディスプレイを使用して、前席の中央ディスプレイのナビゲーションとオーディオを確認および操作でき、すべての搭乗者が一体感を感じることができます。 さらに、革新的なAIシステムは、脳波、心拍数、呼吸、汗などのバイタルサインを監視し、自動的に補完的な音楽を選択し、照明を気分に合わせて調整することができます。

Hyper Tourerは10月25日から日本で展示される予定です。 3モデルは来る25日デビューするミュージックビデオにも出演する予定だ。

FTC: 私達は収入を作成する自動アフィリエイトリンクを使用します。 もっと。

READ  ミャンマーに拘留された日本人男性
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours