経済

日産CEOは、14億ドル、英国電気自動車のハブ」開始だけ」

Nissan Motor Co.が、今月初めに英国で電気自動車を製造するために1,535億円(14億ドル)のハブを作成することを発表したのは、自動車メーカーが車を電気化しようとする計画を推進することにより、始まりに過ぎない。 内田誠は言った。

Uchidaは火曜日Bloomberg Sustainable Business Summitでのインタビューで、「英国のプロジェクトは、私たちの電気化戦略の開始」と言いました。 日本の会社は、他の主要な市場でもEV能力を構築するために努力すると彼は言いました。

Nissanは、2年連続で赤字を出した後、赤字から抜け出すのに苦労しながら、自動車の需要を刺激するための手段として、電気化に対応しています。 昨年NissanのフラッグシップAriya EVを公開しUchidaはNissanが積極的なターンアラウンド計画を推進することにより、この車を「新しい章を象徴する「車両と説明しました。

Nissanモデルの20%を削減し、グローバル生産を減らすために動いているが、自動車メーカーは、2023年会計年度までの8台の純粋なEVを発売し、年間100万台以上の電気、電気パワートレイン搭載車を販売する計画だとします。 今年は2030年代初めまでの主要な市場で発売するすべての新しいモデルを電気化されます。

Nissanは約10年の間にEV製作の経験を通じて、ますます混雑になる部門で競合他社よりも優位に立つと確信しています。 Nissanは、2010年に世界初の量産型EVであるLeafを発売した最初の市場開拓者でした。

たとえNissanのLeafが、今日Tesla Inc. モデルより多く売れているがUchidaは10年のEV経験が日本の自動車メーカーに特定の利点を提供すると言いました。 彼が提案する一例は、日産のバッテリーのリサイクルノウハウです。 過去10年の間にNissanは、バッテリの耐久性を改善し、古い電池を新しい車に再利用することができるいくつかの方法を見つけました。

Uchidaは「私たちは、お客様と多くの経験をしました。」これが私たちの長所と同時に専門性です。」

いくつか逆風があります。 特に日産の主力製品であるアリーヤEVの発売が古い目標である2021年半ばに延期された理由の一つとして引用されている全世界の自動車、半導体不足と関連があります。 半自律走行機能を備えたプレミアム電気自動車には、一般的な内燃機関自動車に使用されるものよりも2倍以上の価値があるチップが搭載される。

日産は今年の会計年度に半導体不足で生産量が約50万台減少すると予想している。 しかし、Uchidaは在庫水準と生産スケジュールの作業を通じて、自動車メーカーが、下半期に失われた生産量の「半分以上」を修復しようとすると言いました。 これは彼の前の予測である「約半分」よりも若干楽観的な見通しです。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  トヨタ、新型「未来」のオンライン発表会で言われた魅力的な期待と役割 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close