技術

日米パートナーシップにサイバー防御能力構築>米空軍>記事を表示

TINKER AIR FORCE BASE、Okla(AFNS) – 米国会員 太平洋空軍 日本の航空自衛隊は4月4日から10日まで、サイバー防御能力を構築するために552航空管制ネットワーク小隊を訪問しました。

552nd ACNSは戦術指揮と統制システムのための空軍の選任使命防御チームです。 E-3の航空警報および制御システム と地上ベースの 制御およびレポートセンター。 彼らはサイバースペースで敵を守りながら、航空機内での任務を遂行する空軍の唯一のMDTです。

太平洋空軍サイバー防御と任務保証副的なアリシード米空軍大尉は「第552回ACNSを訪問し、得られた知識と経験は、日本の武器システムの全体的なサイバー防御戦略を形成するのに役立ちますです。 「PACAFでは組織、訓練および装置を備えるための従業員の任務を遂行する際に得られた知識を司令部のMDT兵力配列と雇用概念に統合することです。」

Koku-Jieitai、JASDF、Akio Ohigashi中佐はPACAFスタッフとネットワーク運用の調整と情報共有のために配置された防空司令部のPACAF本部担当者です。

オ東は「国防部は現在、機器内の知能処理システムを目標としたサイバー攻撃に対応するための技術の研究を進めている」と述べた。 「今回の訪問の成果はJASDFの未来サイバー防御態勢を強くすることです。」

訪問中、様々なバックグラウンドを持つサイバーオペレータで構成され552のACNS MDTのメンバーが配置可能なサイバー防御兵器システムであるCyber​​space Vulnerability Assessment / Hunterの機能について説明しました。

サイバー防御任務が実行されるとMDTの乗組員は、乗務員のようにAWACSや規制および報告センターサイバー地形で作戦前に任務を計画してブリーフィングます。

「552回目ACNSがMDTを開発した方法とMDTがサイバー脅威からの任務システムを保護する方法を学ぶことができました。」747th Communications Squadronの作戦副で働いている日本の交換の責任者Shumpei Kawanoは言いました。 共同基地真珠湾 – ヒカム、ハワイ。

Kawanoは「747 CSは今Communications SquadronでCyber​​ Squadronに切り替えて、独自のMDTを開発しています。この経験と知識は、私たちを助けになります。

Kawanoは 米空軍防衛人材交流プログラム 外国空軍将校が組み込むことができる機会を提供しています。 彼はEast TennesseeのIG Brown Training and Education Centerから米空軍サイバー保護と防御過程に参加した最初の交換の責任者となります。 卒業後は、747 CSでMDTオペレータとして働くことになります。

Ohigashiは「米軍のようなパートナーとの情報共有は、サイバー攻撃に対する包括的な防御措置の6つの柱の一つ」と言いました。 「この機会は、私たちのパートナーシップを強化するきっかけになるでしょう。」

Syedは、将来の不測の事態の状況に備えて、連合とグローバルパートナーとの国際関係を強化することが重要であると強調します。

Syedは「私たちの責任範囲で、将来の競争、危機や紛争への対応は、私たちのすべての軍事支部と最も重要なのは同盟国やパートナーは、この場合には、Koku Jieitaiと合同勢力になるでしょう。」と述べた。

READ  Embracer Group、ボーダーランドメーカーGearbox Entertainmentを13億ドルで買収

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close