経済

日米気候協力の転換点? – 外交官

彼の最初の 記者会見 日本の首相指名である岸田文雄(Kishida Fumio)は、気候変動について言及せず、気候変動に対処するための戦略を立てるために、特に失敗しました。 国際気候政治で日本の位置は、アメリカ、EU、または、中国の位置よりもはるかに少ない注目されています。 しかし、世界第3位の経済大国であり、5位の温室効果ガス排出国である日本の行動は、気候変動に対する世界的な闘争で非常に重要です。

日本の気候政策を理解するためには、まず、それが米国の気候政策と密接に関連していることを理解する必要がある。 私たちが知っているように 精液 出版物 日本の気候政策については、2001年に米国の京都議定書脱退は、米国の介入なしに、気候行動が日本経済に害を及ぼすことの強力な物語を日本に呼びました。 長年にわたり、これは “非常に不十分「気候政策監視団体であるClimate Action Trackerで提供します。

ジョージW.ブッシュ大統領の米国気候政策は、政策立案者が批判を受けるたびに、米国は、はるかに遅れていると反論することができたので、日本の無対応の口実を提供しています。 オバマ政権は、国際気候政治のリーダーシップを行使しようとする意図を持っていたが、日本にもっと野心的な気候目標を採用するように真剣に圧力を加えていません。 言うまでもなく、環境破壊的なトランプ政権でも圧力はなかった。

これは日本の外交政策が、米国の圧力をよく収容することに悪名が高いために重要です。 実際にワシントンのような圧力の日本語の単語があります。 beiatsu。 日本は歴史的に、米軍の保護に依存していたので、東京の政策立案者たちは、米国の要求と利益に非常に敏感です。 したがって政治学者に米国の圧力の役割を考慮せずに、日本の外交政策を説明しようとする試みはほとんど想像できません。 これまで米国の圧力がなかったので、日本はほとんど早急に気候変動へのアクセスがさらに簡単になりました。

より積極的な日本の気候政策への希望は、2011年3月福島原発事故で崩壊した。 原子力安全不足の災害と大衆の怒りに対応して、政府は、日本の原子力発電所を閉鎖することを決めました。 政府として 原子力発電所の再稼働するための闘争、エネルギーの要件を満たすために、他のソースに目を回した。 いくつかの中に 再生可能エネルギーの進行 2010年から2019年まで総発電量の9.5%から18%に増加しており、日本は依然として最も汚れた化石燃料である石炭への依存度が高くなります。 2019年の石炭は なんと32パーセント 日本のエネルギーミックス。 原発事故10年後、日本はエネルギーと気候政策を過度に再調整する必要があるときです。

この記事は好きですか? 完全なアクセス権を購読するには、こちらをクリックしてください。 月に5ドルだけ出せばされます。

2021年には1つ異なります。 これ決定的な要因になることがあります。 すぐにバイデン政権が気候の危機を解決するために、他の国に圧力を加えようとする意志です。 で 日本の気候変動談話分析、我々は菅義偉元首相がトランプ在任期間中に、日本の議会の議論では、気候変動に対して一度も言及していなかったことを知っていました。 。

米国の圧力のためにシュガーの予感は妥当なことが明らかになった。 バイデン前副大統領は、今年4月に米国で初対面会談を行った。 日本に2030年までに野心的な、具体的な排出削減目標を設定することを促しました。 菅政府が2020年に発表した2050カーボンニュートラルの目標に実体を追加するために。 しばらくしてバイデンが招集した気候サミットで菅は2030年までに日本が温室効果ガスの排出量を削減すると発表しました。 50%を目標に、少なくとも46%、2013年の水準と比較されます。 これを達成するために、日本政府は最近、再生可能エネルギーの目標を 22-24〜36-38% これらの目標は、日本が2015年にパリ協定に基づいて最初に発表した不十分な目標を過度に改善したことに気づいた。 その結果、Climate Action Trackerは、日本の気候政策を「非常に不十分」から「ただ」にアップグレードしました。不十分

いくつかの肯定的な発展にもかかわらず、東京の気候政策の評価が改善されていないのは、日本の石炭支援が持続するからです。 日本政府は、まだ2030年までに電力の19%を石炭から生産する計画です。 政府は昨年2030年までに約100個の古く非効率的な石炭火力発電所を閉鎖することに決めたのに対し、 新しい石炭火力発電所の計画が廃止されました。、現在建設中の工場が完成します。 これは日本が近い将来、石炭を段階的に停止する可能性が低いことを意味します。

4月にAntony Blinken米国務長官は、これらの国が引き続き石炭に依存して、石炭発電所に投資していると言いました。米国で聞くこと” 事実、米国はバイデン政権以降、日本の海外石炭発電プロジェクトの資金支援を中止するよう圧力をかけている。 匿名の気候金融専門家によると、これは主に背後で発生しており、これは日本の石炭政策に対する米国の圧力が日本の排出目標の圧力よりもはるかに少ない開放であることを意味します。

シュガーは、6月G7会議で日本が 海外石炭発電プロジェクト補助金終了 日本はすでに進行中のプロジェクトを終了していないし、この発表は、日本の管理が言う高効率石炭火力発電所には適用されない場合があるという重要な警告と一緒に歓迎します。 後者は、単に石炭をより効率的に燃やしながら、膨大な量のCO2を排出する次世代石炭火力発電所を意味し、海外石炭発電プロジェクトに対する政府の継続的な支援に裏口が大きく開いている。 日本は石炭ポリシーを作成するにはまだ遠かった 摂氏1.5度パリ協定の目標との互換性

今年初めバイデンとシュガー 約束した 「気候の危機を日米両者のパートナーシップの柱にして」「温暖化制限摂氏1.5度に達する範囲内を維持するために必要な努力を傾けています。」 米国と日本が宣言した気候リーダーシップ野望に応えることができる機会があるが、 “広範かつ迅速で強化「気候の危機日本と同じようにバイデン政権の気候政策はまだ “不十分「気候行動追跡。実際に、最近 E3G石炭スコアカード G-7国の石炭政策の米国と日本はそれぞれ5位と7位を記録した。 明らかに両国は長い道のり。

11月初めグラスゴーで開かれる国連気候サミットがした月もまだ残っていない時点で、世界は、気候変動の岸田とバイデンの行動を見守ることです。 気候変動への岸田の幸せな無知はバイデンが前任者の約束を確実に思い出させてくれさえすれば長続きできないことがあります。 ここでは、石炭火力発電所の建設及び資金調達を中止するように、日本のより明確な圧力が必要です。 シュガー元首相は「米国は、日本の親友だ” あなたに言うべき困難な真実を言わなければ親友は何ですか?

READ  日本最高の旅行会社JTB、ショック療法で、資本金は100万ドルで削減

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close