トップニュース

日米首脳会談後の共同声明

日本と米国は、日米安保条約第5条東シナ海の尖閣諸島に適用される共同声明を検討している。 開発は、両国の指導者会議につながる。

この記事は、米国が日本の行政管理下にある領土を守る義務があります。

日本は島を支配します。 中国と台湾がこれを主張します。 日本政府は、この島が歴史と国際法の観点から、日本の領土のユニークな部分だと主張しています。 彼らはそれらについて解決すべき主権の問題がないと言います。

中国政府の船舶は、尖閣諸島付近の日本の領海に繰り返し進入しました。

菅義偉日本の首相は4月8日、米国の首都を訪問し、翌日バイデン米大統領に会う予定だ。 彼は、今年1月の大統領就任後、バイデンと直接出会いを持つ最初の外国人指導者になるだろう。

両国政府の関係者は声明で日米同盟の強化と自由で開放的なインドの – 太平洋に向けて緊密に協力への言及を含むために努力しています。

指導者は、この会議で、北朝鮮の弾道ミサイルを完全かつ検証可能で不可逆的な方法で除去するという約束を確認することです。 北朝鮮は木曜日弾道ミサイルを発射した。

彼らはまた、気候変動への緊密な協力を議論することが予想されます。

READ  「Xbox Series X | S」レビュー - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close