日経、米国金利緩和で5日連続下落税記録

1 min read

東京(ロイター) — 米国の国債利回りが16年の最高値から下落し、投資家が下落した株式を買い入れたことにより、日本日経平均株価は木曜日5日連続下落税を記録し、3ヶ月ぶりに最大1日上昇率を記録しました。

日経指数は1.80%上がった31,075.36で締め切りました。 水曜日5月18日以降、最低値に下落し、依然として週間2.5%の損失を記録すると予想されます。

より広いTopixは2,263.09から1.99%上昇し、11月11日以降の最高の日間上昇率を記録しました。

Chibagin Asset Managementのリサーチ部門の統括マネージャであるJun Moritaは、今週、日本の株式が急落し、米国の国債利回りが緩和された後、投資家に株式の再購入を促したと述べた。

しかし、米国の収益率の方向性を決定できる給与報告書など、米国の経済データを確認する前に積極的な買収に乗り出すことは慎重です。

資本フローデータによると、外国人投資家は全州に3兆円を純売却した後、9月30日までに今週に純基準で710億円(4億7,800万ドル)相当の日本株を買い入れました。

9月、米国の雇用増加率がエコノミストの期待を下回ったというデータが現れた後、長期米国の国債利回りは一晩16年の最高値から下落しました。

今、投資家の関心は、金曜日に発表された米国の非農業給与データに注目されます。

チップテスト機器メーカーのアドバンテスト(Advantest)は4.7%急上昇し、日経に最も大きな上昇を見せ、東京エレクトロン(Tokyo Electron)は1.6%上昇した。

Monex Groupは、日本の携帯通信会社であるNTT Docomoが、新しい金融サービス事業を構築するためにフィンテック会社と資本提携を結んだと発表した後、毎日の上限で17.89%急上昇しました。

READ  DTI、企業回復を支援する220万ドルILO-JapanプロジェクトへのMOU締結 │ GMA News Online
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours