経済

日経は、市場の過熱恐怖に拒絶

ベンチマーク日経平均は金曜日の市場の過熱への懸念で不振の取引で4セッション連続連勝を記録した。

225発行日経平均は水曜日57.00ポイント上がった後、29,520.07で取引を終えてい42.86ポイント(0.14%)下落した。 東京市場は木曜日・祝日とドアを閉めた。

一方、すべての最初のセクション発行のTopix指数は3.06ポイント(0.16%)上昇し、1,933.88で取引を終えて、前取引日5.28ポイント上昇に続き、5番目のセッションで上昇しました。

ジョー・バイデン米大統領がグローバルチップ供給不足を解消することメディアの報道に触発された半導体部門の株式への強い需要が反映され、市場がより上昇しました。

初期埋め込みが行われた後、最近高期間日経が12,000ポイント上昇した後、市場の過熱懸念が拡大し、利益を実現圧力が高まったブローカーは言った。

しかし、最近のバラ色の企業業績レポートとバイデンの1兆9千億ドル浮揚策が米国議会を通過する過程で行われた進展に強化されたグローバル経済の回復に対する投資家の期待は、市場を支えています。

祝日や週末の間に挟まれており、他の多くのアジア市場が旧正月連休にドアを閉めたので取引遅かったとブローカーは言った。

Securities Japan Inc.の最高市場アナリストであるMasayuki Otaniは「指数の早すぎる上昇に対する投資家の懸念のために日経のラリーは終わった。

Nomura Securities Co.の戦略家であるMaki Sawadaは、市場が利益を確保するために、「ディープ枚数」と売り中だと指摘しました。

参加者は、より明るい収益見通しをもとに株式を継続買収したブローカーは付け加えた。

TSEの最初のセクションで下落は1,107個で1,004個、少し多く82個の課題は、変動がありませんでした。 出来高は水曜日の13億4000万株で、13億4300万株で緩やかに増加した。

Nikkeiの主要部品の産業用ロボットメーカーであるFanucは2.55%、技術投資家SoftBank Groupは1.65%下落しました。

日本の有線ダイビング4.70%、三井OSKライン4.66%で海運在庫も打撃を受けた。

他の顕著な敗者は自動車メーカーHondaと電力会社Tepcoを含みます。

一方、半導体購入が活発になり、テスト機器メーカーであるオドゥベンテストは3.86%、生産設備メーカーである東京エレクトロンは3.67%上昇した。

トヨタは3月に終わる年度の収益予想を修正した後、3.48%上昇した。

大阪取引所で取引される指数先物でNikkei平均の3月の主な契約は40ポイント下落して29,380に仕上げました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

READ  日本航空の分岐予測ミスの後の展望悪化 - 記事

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close