技術

日経はウォールストリート上昇、利益楽観論に上昇

東京、10月26日(ロイター) – 火曜日、日本の日経平均株価は、実績楽観論とダウ指数とS&P 500指数が史上最高値を記録した一晩、米証券市場の上昇に強く上昇した。

日経は開場時に急騰し、午後まで上昇傾向を維持した後、1.8%上昇した29,106.01に締め切りました。

ユニクロの所有者であるファーストリテイリングとソフトバンクグループを含む高比重はそれぞれ5%と2.2%走った。

より広範なトピックは、1.2%上昇した2,018.40を記録し、33セクターのうち31セクターが上昇傾向を記録し、荷主部門の3%ラリーをリードした。

一方、銀行は0.3%下落し、航空会社はほとんど変動がなかった。

ある国内証券会社関係者は「米国証券市場の高点以外には特別な起爆剤がなかった」と話した。

米国のe-miniプレゼントはS&P 500の再開時に0.3%上昇を示唆し、日本以外のアジア太平洋指数も上昇傾向を見せ、心理を支持した。

今年のウォールストリートラリーの原動力となったApple、Amazon、Microsoft、Google Operators Alphabetなど、ほとんどのS&P 500企業が今週の結果を報告する予定です。

ソニーグループは木曜日の業績を前に2.6%上昇し、2000年以降最高値を記録しました。

別の国内証券会社関係者は「オーニングシーズンが本格化する前に心理的に重要な29,000選(日経基準)に市場が集中しており、投資家たちは観望する姿勢を望むだろう」と話した。 。

他の注目すべき上昇者は、パナソニックで主要顧客Teslaがコストを下げるのに役立つプロトタイプバッテリーを公開した後、5.6%上昇しました。

通信会社NTTは、月曜日に公開された修正中期ビジネス戦略に対する投資家の楽観論の中で5.4%上昇しました。

トヨタグループサプライヤーデンソーは、野村証券の目標値上げから2.9%上昇しました。 トヨタ自動車は1.7%を追加した。

東京市場チームの報告。 Uttaresh.VとRashmi Aichの編集

READ  [빠즈도라]「錆兎&真菰」の評価が急上昇中! おいしい人気ダンジョンで大活躍! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close