日経225指数史上初めて4万線突破

Estimated read time 0 min read

東京証券取引所ベンチマーク指数が月曜日史上初めて4万線を突破した。

日経225指数は40,109で過去最高を記録した。 これは金曜日の終値より198ポイント、つまり0.5%上昇した数値です。 指数は半導体関連株に支えられ、一気に400ポイント以上上昇した。

この上昇は、ニューヨークの技術主導のナスダックが先週の2日間の連続記録レベルを達成した後に来ました。

先月末、日経平均株価は日本資産の膨張期間である1989年12月に立てた従前最高値を更新した。

ベンチマークは、米国証券市場の強勢、日本企業の業績の上昇、円安の期待に基づき、月曜日以前の4回の最高値を記録しました。

東京のある証券会社の従業員は、月曜日の取引が開始された直後に日経指数が40,000線を突破したことを祝いました。

岩井コスモ証券本間博樹は「4万選は私たちの目標の一つだったが、全体的にときめきが足りない。半導体株価が主導した。だからこれは一つの段階だと思う」と話した。

ホンマは引き続き新しい最高値を更新することが日本経済にプラスの影響を与えると信じています。

READ  日本:月着陸船スリムが再び生きてミッションを再開する
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours