日雪崩被撃外国人スキー選手2人死亡すると推定…

1 min read

東京(AP) – バックカントリースキーに乗っている間、雪崩に合った2人の外国人男性が日本中部の有名なスキーリゾートでバイタルサインなしで発見されたと月曜日警察は言いました。

長野県警察は、二人がバックカントリースキーに乗った白馬紀倉山の東斜面で、日曜日の午後に雪崩に巻き込まれた5人の外国人スキー選手の一人だと語った。 救助隊は月曜日の事故現場に到着し、死亡したと推定される二人を引き上げた。

警察は選手たちの国籍と名前はまだ確認中だと公開を拒否したが、日本メディアは1人はアメリカ人、1人はオーストリア人だと報道した。 警察は彼らの身元が確認されるまで待ってから死亡を確認している。

別の外国人スキーヤー8人は、近くの指定スキー場の外でスキーに乗って雪崩に包まれた5人を目撃して急いで走ってきて、彼らを発掘した。 5人中3人は生き残りました。 2人は怪我をせず、1人は肩のけがをしました。 警察は発掘当時、すでに活力の兆候がない二人を残して、相手と一緒に歩いて下ったと言いました。

長野県の別のスキーや温泉リゾートである野沢で、救助隊が指定されたスキー場外の森で友達とバックカントリースキーに乗っている間に行方不明の38歳の日本スキー選手の遺体を発見したと警察は言いました。

先週から続いた大雪に続き、日曜日には該当地域に雪崩注意報が発令された。

READ  地震情報:マイナーマグ。 3.0 地震
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours