日韓、大臣会談で通貨スワップ案の議論

Estimated read time 1 min read

チュ・ギョンホ企画財政部長官(中央)が木曜日、ソウル中区で開かれた懇談会で発言している。 [MINISTRY OF ECONOMY AND FINANCE]

韓国は6月末閣僚会議で2015年満了した日本と通貨スワップの再構築を議論する予定だ。

チュ・ギョンホ副首相兼企画財政部長官は29日、ソウル中区で開かれた懇談会で「6月29日、韓財務長官会談で両者及び地域金融協力など両国間の懸案が議論されるだろう」と話した。

この会議は、2016年8月以降、両国の財務大臣間の最初の量子会話になります。 両側は、長い間中断された会議を5月に再開することに合意しました。

枢機卿と鈴木俊一日本総裁は、仁川で開かれたアジア開発銀行(ADB)第56回年次総会でこのように合意した。

日本は「非常に重要な経済協力パートナー」と追長官は言った。

彼は日本の材料、装置、機器の強みに注目し、日本とのパートナーシップの強化が「私たちの産業の競争力を強化する」と付け加えた。

チュ長官は韓国が下半期に両国を結ぶ1株当たりの運航回数を1,000回に増やすことを推進していると付け加えた。 5月現在、週590便のフライトが両国を結んでいる。

秋長官は「日本経済が生きれば私たちの成長が逆転するという懸念があるが、日本経済が回復することは両国が伴う成長する好循環構造を作るのに大きな助けになる」と話した。

韓国と日本は最近、両国がお互いを信頼する貿易相手国に復帰させることに合意した後、関係改善に努めています。

両国関係は、1910年から1945年の間、日本の韓国植民地統治期間中に日本企業が韓国人強制労働被害者に補償するよう命じた韓国裁判所の判決を含め、主に歴史に関連する様々な問題により、近年悪化しています。

2019年、日本は半導体生産の核心素材3種に対して一方的な輸出制限措置を下したが、これは韓国裁判所判決に対する報復措置として広く知られています。 関係はそこで悪化したが、今年のユン・ソクヨル韓国大統領と岸田文夫日本首相の間の一連の両者首脳会談に支えられ、大きく回復しました。

秋長官は韓国の経済成長率が昨年12月に発表された政府の見通しである1.6%に若干及ぶと見込んだ。

詳細な数値は、政府が年2回政策計画を発表する7月初頃の経済展望に含まれる予定だ。

経済協力開発機構(OECD)は水曜日、韓国の今年の経済成長率見通しを3月見通し1.6%から1.5%に下方修正した。 韓国銀行は5月、韓国が1.4%成長すると予想した。

チュ長官はインフレが6月に2%台前半まで落ちると予想されると述べた。

消費者物価は5月に3.3%で19ヶ月の最低値に達しました。

追長官は、政府が税収不足に対する懸念が高まっているにもかかわらず、今年の追加の経済予算を考慮していないと述べた。

ジン・ミンジ記者 [[email protected]]

READ  最初の民間企業がほこりを掘るために月に飛びます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours