経済

日韓貿易使節団、新たな同盟構築を目指す

トロント – オンタリオ政府は最近、韓国と日本の貿易使節団を締結し、新たな投資を誘致し、オンタリオを北米への革新と製造の関門として紹介することに焦点を当てました。

9月2日から10日まで行われた今回のミッションは、Vic Fedeli経済開発・雇用創出・通商部長官が主導した。

オンタリオ代表団は、自動車、航空宇宙、その他の新興部門でオンタリオ州の強みを促進するために、両国の大規模な多国籍企業に会った。 50億ドル投資 オンタリオ州のリリースを示します。

州政府と連邦政府の支援を受け、LGエネルギーソリューションとステランティスが力を合わせて地方初の大規模電気自動車バッテリー製造工場を建設した。 このプロジェクトは、将来の自動車を開発し構築するための北米ハブになるための政府計画の一部だとリリースが付け加えました。

ミッションのもう一つのハイライトは、ホンダ、トヨタ、パナソニック、サムスン、三菱重工業、そしてネイバー、メガゾンクラウドなどの技術企業との出会いでした。

フェデリ氏は声明で「この任務は韓国と日本の信頼できるパートナーや友人と再び参加し、私たちの強力な関係と長年の協力の歴史に基づいている」と述べた。 「世界中の企業は、将来のためにオンタリオ州を探しており、私たちの政府は、我々が引き続き新しい投資を引き付けるにつれて、業界リーダーとイノベーターを擁護し支援することを誇りに思っています.」

READ  ウクライナの難民を支援するために1,000台の通訳装置を寄付

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close