日首相、北朝鮮「金正恩と首脳会談の提案」

Estimated read time 1 min read

ソウル、韓国(AP) – 北朝鮮は月曜日の岸田文夫首相が「できるだけ早く」北朝鮮の指導者と金正恩委員長に会うと提案したと明らかにしたが、約20年ぶりに初首脳会談が行われる可能性があることを強調しました。 日本は武器プログラムを容認し、過去の日本人拉致事件を無視することに頼っています。

岸田首相は、月曜日の午後、金委員長との会談は、両国関係の主な障害である拉致問題を解決するために「重要だ」と、彼の政府は、可能な首脳会談の可能性を議論するために様々なチャンネルを使用してきたと述べた。

観測部門は、金委員長が米国と同盟国の間を分ける方法で日本との関係改善を望んでいるのに対し、岸田は拉致問題の可能な進展を利用して下落する国内支持率を高めたいと述べています。 しかし、北朝鮮が日本が受け入れられない前提条件を設定したため、金-岸田会談が近いうちに実現される可能性はほとんどないと言います。

キム・ヨジョンの妹キム・ヨジョンは声明を通っていたが、最近不特定チャンネルを通じて「できるだけ早く」キム・ジョンウンに直接会いたいという立場を伝えたと明らかにした。

彼女は岸田政府が拉致問題に熱中し、北朝鮮の「主権行事」に介入する限り、朝日関係に突破口はないだろうと述べた。

キム・ヨジョンは「朝日関係の歴史は首脳再会をしようという考えだけでは不信と誤解でいっぱいの朝日関係を改善できないことを教訓としている」と話した。 北朝鮮の公式名称は朝鮮民主主義人民共和国だ。

彼女は「日本が真に朝鮮民主主義人民共和国の近い隣人として両国関係を改善し、地域の平和と安定保障に貢献したいなら日本の全体的な利益に合致する戦略的選択に対する政治的決定を下さなければならない」と話した。 。

キム・ヨジョンは去る2月にも同様の声明を発表して北朝鮮が岸田を平壌に招待することに開かれているが、これは日本が北朝鮮の正当な自衛権と拉致問題に対する問題提起を中断しなければ可能だと話した。

北朝鮮と日本は修交がなく、北朝鮮の核プログラム、拉致問題、日本の1910-45年朝鮮半島植民地化によって彼らの関係が隠された。 日本の植民支配は、東京とソウルの間で繰り返される論争の源泉でもある。

長年否定してきた北朝鮮は2002年、金正日と小泉純一で日本首相間の前例のない首脳会談で、北朝鮮要員が主に日本語と諜報訓練を目的に日本人13人を拉致したという事実を認めました。 文化。 その年、彼らの5人が日本に戻ることを許可しましたが、残りは死亡したと言いました。 日本は彼らの少なくとも一部はまだ生きていると考えており、数百人以上が拉致された可能性があると信じています。

小泉は2004年、2番目の北朝鮮を訪問し、金正日に再会した。 これが両国首脳の最後の首脳会談だった。

朝日首脳会談の可能性についての議論は、米国と韓国の両方が選挙がある年に北朝鮮が武器実験活動をさらに強化できるという懸念の中で出たものです。 専門家らは北朝鮮が米国の制裁緩和など譲歩を得るために武器庫拡大を狙うと見ている。

レイフ・エリック・イズリー(Leif-Eric Easley)大学教授は「北朝鮮は韓国と米国が再び外交に参加する前に選挙を待っているかもしれないが、おそらく武器を開発し、米国同盟国の間にくさびを打ち込んで勢力を強化したい」やるだろう」と話した。 ソウル梨花女子大学国際学部。 岸田首相は拉致問題解決が政治的緊迫感を感じ、外交的努力を傾けている」と話した。

貧しい北朝鮮はまた、両国が国交を正常化する場合に受けることができる日本の経済的支援可能性についても考えている可能性が高いと韓国国家戦略研究院の文聖黙アナリストが語った。 彼は、北朝鮮は1965年に両国が国交を正常化したとき、韓国が受けた日本の支援の現在価値である5億ドル以上を追求できると述べた。

文大統領は、岸田首相が国民情緒と国連決議に反する拉致問題や北朝鮮核プログラムに対してそれぞれ譲歩する可能性は低いと述べた。 イースリーは、北朝鮮が歴史的な日本人拉致問題を解決しようとしていないように見え、日本が対北朝鮮制裁を緩和できないため、金・岸田会談が開かれる可能性が低いと述べた。

韓国外交部は、月曜日の日本-北朝鮮の接触及び北朝鮮核問題に関して、日本と緊密に疎通していると明らかにした。 韓・米・日は北朝鮮を非核化の道に復帰させるために緊密に協力していると明らかにしました。

北朝鮮の発展する核およびミサイル兵器庫は、韓国とアメリカだけでなく日本にも重大な安全保障の脅威となっています。 3カ国は2022年から北朝鮮の挑発的な武器試験に対応し、3者訓練を拡大しました。 日本と韓国はこの地域で米国の2つの主要同盟国であり、自国領土に約80,000人の米軍を駐留させています。

月曜日の前、 北朝鮮の官営媒体 金正恩がタンク訓練を指導し、韓国との緊張が高まる状況で戦争準備を強化することを装甲部隊に励ましたと報道した。

ほとんどのアナリストは、金委員長が本当に戦争を準備しているかどうか疑っていますが、韓国の管理者は過去数年間に流血交戦が行われた南北朝鮮の西海境界線を含む国境地域で小規模挑発の可能性を提起してきました。

___

東京のAssociated Press Journal Yuri Kageyamaがこのレポートに貢献しました。

___

APのアジア太平洋ニュースをフォローしてください。 https://apnews.com/hub/asia-pacific

READ  Artur Pawlowski牧師はイースターと警察との対決の話を聞かせてくれます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours