日TV、死体有機事件「容疑者」

Estimated read time 1 min read





(毎日)

名古屋 – 日本のあるテレビ局が違法死体処理事件の「容疑者」で奇妙な人の写真を繰り返し放送したことについて11月25日謝罪した。

名古屋市中区のあるアパートで男性の遺体が発見された後、遺体を有機的な容疑で女性が逮捕された。 名古屋に本社を置く東海テレビ放送会社は、自社番組に掲載された写真が事件とは無関係な他人の写真だと発表し、ホームページやニュース番組で謝罪してミスを訂正しました。

同社によると、この写真はX(旧Twitter)を通じて入手され、11月24日の夜から翌日の正午まで全国および東海地域のニュース番組を通じて8回にわたって放送された。 該当エラーは該当放送会社に写真が盗用された人の連絡を受けた後に発見された。

放送会社は「関係者の皆さんに心配を及ぼした点深く謝罪する」とし「点検システムを強化し、再発防止のために努力する」と明らかにした。

(日本語オリジナル:山下俊介、名古屋ニュースセンター)

READ  日本民事訴訟法の改正:裁判所の手続きの完全なデジタル化に向けてホワイト&ケースLLP
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours