旧日本独占メカ戦略ゲームFront Mission 2がついに今月PCに発売されます。

Estimated read time 1 min read

「Wanzers」、「The Huffman Contribute」、「The People's Republic of Alordesh」は、私が憧れている一種の90年代/2000年代のアニメーションの泣き声ですが、Front Missionシリーズにはそのようなものがたくさんあるようです。 PCG編集長Evan Lahtiが「機械を使ったFinal Fantasy Tactics」と描写したこのシリーズの2番目のゲームは、以下を通じて初めてPCにリリースされます。 蒸気 4月30日。

フロントミッションの戦いは3Dマップの上のグリッドで行われ、個々の攻撃に対する映画の表示が拡大されます。 XCOMやFire Emblemを考えると、基本的にそこにあります。 この特定の暗い未来に私たちの主な戦闘プラットフォームはエヘム、 ワンジャー、「Wandering Panzer」の合成語です。 基本的に彼らは機械であり、不幸なファンタジー命名規則はさておき、tacticool武器を持つ巨大ロボットの人はいつも病気になります。 Front Mission 2は1997年に日本独占でPlayStationで初めて発売され、Squaresoft(現在sans-Enix)は西洋ローカライゼーションに投資するつもりはありません。

READ  「日本」の観客反応:カルティがアクションコメディ芸能人として輝いて、ソーシャルメディアは映画を「ローラーコースターに乗る」と呼ぶ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours