理科

旧日本軍訓練機、東京郊外へ返却

TACHIKAWA、東京 – 日本北部の湖で引き揚げられた第二次世界大戦訓練機が建造された東京郊外都市に返還され、展示される予定です。

青森と秋田県の境界にある十和田湖から引き出された1型双発高級訓練機である立川キ-54航空機が11月25日から立川に本社を置く不動産会社タチヒホールディングス株式会社が展示する予定です。 28.

会社関係者は「立川が高度な航空技術を保有しているという事実を一般大衆に知らせたい」と話した。

Tachihi Holdingsの前身であるTachikawa Aircraft Co.は1940年にTachikawa Ki-54を製造し始めました。 この飛行機は、パイロットや航海士、整備士など、他の人員の同時訓練のために設計されています。 飛行機の本体は軽アルミ合金のジュラルミンで作られており、当時は革命的な折りたたみ式の主着陸装置がありました。 乗組員を含めて最大7人を燃やすことができ、機械的な問題がほとんどないなどの理由で、第二次世界大戦中は海外戦場を行き来する飛行連絡などの訓練とは無関係な任務にも使用されました。 合計1,342機の航空機が製作されました。



2021年10月8日、東京西立立川で引き揚げられた航空機とともに展示される淀川Ki-54 Type 1双発高級訓練機の模型が見られます。 流線型の胴体は当時斬新でした。 (毎日/黒川正光)

立川に展示される飛行機は、1943年の訓練飛行中にエンジンの故障で、宝田湖に捨てられた。 4人の乗組員のうち3人が死亡し、航空機が沈没しました。 青森県立三沢航空科学館が率いるチームが2012年にそれを引き上げ、博物館に展示しました。

航空機には、東京西部日野市に位置する東京ガス電気工学(現日野自動車株式会社)で作られた「天下」エンジンが装備されています。 エンジンの1つは、飛行機が引き上げられた直後の2013年近くの都市八王子にある日野自動車工場に展示され、航空機胴体は航空博物館に保管され展示されました。 日本に唯一残っている1型双発先端訓練機Ki-54の回収ニュースに接したTachihi Holdingsは航空機を買収するために交渉し、11月に会社が航空機を維持するという条件で契約を締結した。 長い間。

東京西オメシに本社を置く小型航空宇宙メーカーであるAircraft Olympos Ltd.は、Ki-54を輸送・展示する契約を締結しました。 篠平サトール社長は「とわだは淡水湖だから航空機の腐食がひどくなかったし、まだ浮かぶ年が浮いている姿などほとんどが元の状態を維持している。当時の技術は水準級だった。人々が見てほしい」と話した。 。

トレーナーは11月25日から28日まで午前10時から午後4時まで立川高松地区にある立一不動産5号館で展示される予定だ。 入場料は無料だ。 地図を含む詳細情報は、会社のウェブサイトhttps://www.tachihi.co.jp/2021/11/19/issikisouhatsu/(日本語)で確認できます。

(Japanese original by Masamitsu Kurokawa, Tama General Bureau)

READ  ★11月天体イベント★流星群が2つ出現!月と惑星の接近も - ウェザーニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close