早稲田大学ラグビークラブ、初の女子チームとして新時代開幕前日本ラグビーセブンズ代表チーム監督

Estimated read time 1 min read
読売新聞
4月18日、東京杉並区で早稲田大学女子ラグビー代表チーム選手たちが訓練している。

創設されてから100年以上の早稲田大学ラグビークラブには、今や最初の女性チームができました。

チームの主張であるKae Chigitaが高い目標を立てています。 3年生のチギタ氏は4月18日、東京で開かれた記者会見で「歴史的なクラブの名前を守りながら女子ラグビーの底辺を広げて走りたい」と話した。

早稲田のラグビークラブは1918年に創立され、日本大学ラグビー選手権大会で16回優勝しました。 昨年、一部の女子学生は男子学生と同様に名門クラブでラグビーをしたいという関心を表明しました。

大学によると、過去2年間に約2,527人のメンバーが大学スポーツクラブに参加しました。 女性は877人で約35%だった。 大学は女性選手たちのスポーツ参加機会を増やし、ラグビー部に新鮮な活力を吹き込むために女性ラグビーチームを創立することに決めた。

マネージャー、トレーナーなど11人で構成された女子チームは去る4月1日から活動を始めた。 チームメンバーは1年生から3年生まで多様だ。 幼い頃からラグビーを頑張ってきた人もいて、完全初心者もいます。

以前は応援団員だった2年生の生徒、沖村みくさんは「最初は肉体的に大変でしたが、今はラグビーをますます楽しんでいます」と話しました。

チームは5月に開催される最初の公式7人制ラグビーゲームを準備しています。 日本セブンズ出身の横千千(31)監督が彼らにかける期待が大きい。

横子は「選手たちがラグビーと学業の両方で優れていることを願って日本最高のチームになることを目指している」と話した。

READ  Tyson Furyは次の試合に先んじてWayne Rooneyとスパーリングしたい。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours