理科

早稲田大学全体の学生のためのデータサイエンス認証制度を2021年度開始修了証明書を発行| Ledge.ai

画像写真ACより

早稲田大学は12月17日、全学部・研究科の学生約5万人に向けて、元のデータサイエンス認定制度」のデータ科学認証制度」を創設すると発表した。すべての学部・研究科の学生が必要なときに、24時間、どの場所からでも統計データ科学を基礎から学習することができる。開始は2021年度から。

本認証制度は、履修者のデータ科学に関する能力を確保するために、「知識級」「初級」「中級」「上級」の4つの級を設置する。まず、2021年度に知識級チョグプルルインストールして2022年度から中級2023年度から上級認定を開始する予定とのこと。それぞれの具体的な内容は次のとおりである。

データ科学の基礎概念を学ぶ「知識級 “

知識級のデータ科学の基礎概念を学ぶ。 知識・技術基準は、「教養としてのデータ科学を知っていること」。

持つべきは、「データの科学の重要性データ科学の定義とデータ分析の一連の流れを理解することが、データのデータ科学を利用する目的が多様であると理解して、その目標を達成するために、データの科学の様々な入力、出力設定(仮定)の評価基準があることを理解することが」

データ科学の基礎概念と実践を学ぶ「初級」

初級はデータ科学の基礎概念と実践を学ぶ。 知識・技術基準は、「データの科学の基礎と概念の研究や仕事に利用することができる “

持つべき内容は、「データのデータ科学を利用するいくつかの目的を意識して、データ科学の基本的で多様な入力、出力の設定(仮定)の評価基準を数学的に扱うことを学び選択することができていることがデータのデータ科学の基本的な概念を適切に活用することができる “

自分が持っている専門知識と学問の領域に接続を学ぶ “中級”

中級(2022年以降開設予定)は、初級だけでなく、自分が持っている専門知識と学問の領域に接続を学ぶ。 知識・技術基準は、「データの科学を自分の専門的な研究と業務に活用できる」

持つべきは、「自分の専門領域でのデータの専門的な知識を利用して、問題を数学的に抽象化データの科学を活用することができる “

専門分野以外にも、データの科学を活用することができることを目標に、「高度な」

上級(2023年以降開設予定)は、中間に加えて、自分の専門領域以外でもデータの科学を活用することができる科目群を学ぶ。 知識・技術基準は、「データの科学を主業ともすることができる “

持つべきは、「自分の専門領域外のデータの問題を数学的に抽象化データの科学を活用することができる “

修了証明書を発行知識は就職後のキャリアとしても活用することができる

各級定める要件を満たしている学生には修了証書を発行する。 早稲田大学は、本認証制度を創設し、履修学生は文系理系関係なく、対応するデータ科学の素養を身に着けることができると曲。

また、学んだ知識と経験は就職後のキャリアとしても活用でき、在学時学び、卒業後の活動にも活用することができますので、学生に大きなメリットを提供することができること。 早稲田大学は、この発表に際して、多くの学生がこの認証制度を活用して、データの科学の素養を高めキャリアの可能性を開くものと期待している。

>>プレスリリース

中央大学のドアも受講することができるAIとデータ科学教育を2021年から開始自分の専門分野で活用することができる人材を育成

最近、様々な大学の人工知能(AI)とデータ科学などの教育に乗っている。

最近も中央大学は2021年4月から文理を問わず、全体の学部生を対象に、AIデータ科学分野を知識から応用基礎レベルまで体系的に学修する「AIデータ科学大学全体のプログラム」を開始すると発表した。

詳細が気になる人は、次の記事をチェックしてほしい。

READ  カリフラワーと混沌、すべての小さな花のフラクタル

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close