経済

昆前日産会長は「悲劇」が始まってから3年ぶりに金融不正行為事例を話します。

金曜日は、カルロス・ゴン元日産会長兼CEOとグレッグ・ケリー副社長が金融不正の疑いで日本で逮捕されてから3年になる日だ。

金曜日、「Mornings with Maria」に加わったGhosnは、彼と彼の元同僚に対する「偽の非難」について語った。

ゴンは「悲劇が始まって3年になった。」そして残念ながらグレッグ・ケリーは依然として日本司法制度の人質です。

Ghosnは2018年に証券報告書を偽造し、報酬を過小報告した容疑でレバノンで逃避した疑いで初めて逮捕されたが、KellyはGhosnの報酬を完全に報告しなかったため収監中です。

レポートによると、中古ホンダ、レクサス車が最も価値がある

KellyとGhosnはどちらも、自分が無実だと断固として主張した。

GhosnはFOX BusinessのMaria Bartiromoに、「彼は自分が無罪であることを証明しなければならない国で無罪を主張する大胆な対価を払っています」と述べました。

Ghosnは、以前、彼の逮捕は日産、ルノー、三菱の合併を防ぐ日産の自律性への熱望によって動機付けられたと主張した。

「これは陰謀だ」 ゴンは言った。 「これは逮捕される数ヶ月前に組織され、最初の疑いの軽率を発見した後、私たちが日本を去らないようにするために他の容疑を探し始めました。」

日本の司法部は、無罪が立証されるまで有罪が立証されたシステムで運営され、検査の有罪判決率が99.4%です。

Ghosnは、「私たちは、この非難が軽率であっても、彼が勝訴しない可能性があることを少し心配しています」と認めました。

ここをクリックして、外出先でもFOX BUSINESSをご利用ください。

元CEOによると、Kellyの場合、最終決定は2022年3月まで予想されません。

ゴンは「グレッグ・ケリーが日本で人質にとらわれている」とし「これは受け入れにくいこと」と話した。

フォックスビジネスでもっと読む

READ  最新ニュース:ワシントン州、対面授業の推進| セントルイスのビジネスニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close