Economy

明日の株式市場戦略= “カーン発言」と地方銀行再編の波投稿日時:2020/09/03 17:30[みんなの株式] – すべての株式(みんかぶ)

明日の株式市場の戦略=

今日(3日)の東京株式市場は、前日の欧米株が大幅に上昇する世界株価上昇の連鎖の中で、ギフト絡みが日経平均は一時2万3500ウォン台を回復した。 後半は停滞したが、終値で2月21日の終値を上回った。 つまり、日経平均レベルで言えば、コロナ衝撃による急落直前まで時計の針を戻したのだ。 果たしてどのよう今後の収益回復を含めたかどうかを予想することができませんが、「ヘリコプターマネー相場」の着陸地点はまだ相当の連絡先は、が市場のコンセンサスとなっている。

自民党次期総裁桁は、カーン官房長官が奪わ可能性が高いが、あまり政策の主張に目立つことがなく、株式市場でも「新総裁に関連「どこ買物の矢を向けていいのかわかりにくい部分もあった。 最初は、第1次安倍政権時代までさかのぼってカーン氏が総務大臣時代に検討することを表明した」ふるさと納税」関連銘柄の一角が注目されて、例えば、これを手がかりにふるさと納税仲介サイト運営子会社があるチェンジ <3962.T>が大きく売れるなど、ちょっと一筋縄ではいかない方程式のような投資資金の誘導が見られた。

しかし、ここにきて買物資金の流れが急に地方銀行部門に向かっている。 地方銀行株式再編期待を常に内在してどこかで合併話が浮上すると、公平で人気化している場合が多い。 ただし、これまでの場合は、花火のように華やかに花もテーマを購入する運動に発展せずに買物に人気が枯れてしまうパターンが多かった。 意図だけではなかなか持続性のある事故は曖昧。 ところが前日自民党総裁選挙出馬会見で行った官房長官は地方銀行の統合・合併構想に言及し、「将来的には(地方銀行の)数が多すぎるではないか」と述べたことが、「学一声 “がされ、株式市場にも影響をた。 今日の午前の記者会見でも菅氏は地方銀行の競争力強化のための持論を展開「構造調整も1つの代替になる」と改めて指摘、これは地方銀行株の一角に投資資金が勢いよく流入するきっかけとなった。

福島銀行 <8562.T>低株式特有の強みを発揮して、一時29%高い値を飛ばし、東京証券取引所第1部上昇率位を占め、島根銀行 <7150.T> 千葉興業銀行 < 8337.T> つくば銀行 <8338.T> 富山第一銀行 <7184.T> などのいずれか低い銘柄を中心に意図的な思考が集まっている。 デイトレードの資金を主軸に相手が戦場に最高値を記録した後は、不振が、私たちは時折、今後の火種を残し上ひげの形成と見たい。 また、前日のSBIグループ <8473.T>の北尾社長が示唆キャリアで講演した内容もあるが、官房長官の話と接続する形となった。 北尾社長は地方銀行の出資を前提とする「地方の銀行連合構想」について話をその中の新しい合意が間近に迫った地方銀行が3,4行と言及したことが伝え市場を活気立つようになる。 参考までに急騰した福島銀と島根銀はSBIと既に資本提携している地方銀行である。

そして、株価上昇は、地方銀行部門だけにとどまらない。 地方銀行連合構想の支配人に存在SBIは大幅に上昇して4連騰一時167円上昇した2634円まで買われた7ヶ月ぶりに年初来高値を更新。 また、証券会社のためのディーリングシステムの国内首位のインタートレード <3747.T>は前日に続いて上値を引き受けた。 また、証券用をはじめとする金融機関のシステム受託開発を担当、SBIを大株主とするソールクシーズ <4284.T>も上値を記録した。 前々日(1日)がコラムにソールクシジュウルチャート強いシステム開発関連銘柄として採用したが、率直に言って、今日のプロットを想定したものではない。 しかし、チャート強い銘柄はそれなりの理由と背景があることを改めて認識させることができる結果となった。

市場関係者によると、「SBI関連の地方銀行案件についてはほとんど野村総合研究所 <4307.T> ビジネスの機会が大きくなるだけで、なかなか他の金融システムの開発業者には戻らないだろう」(国内証券アナリスト)との声もある。ただし地方銀行再編の動きは証券会社も巻き込む。地方銀行のみにとどまらない金融システム再編というサージに発展する可能性もある。今日の業種別上昇率上位は、「銀行」や「その他金融」もない」証券」だった。

金融界に強いシステム開発会社で子供のX・知識 <9753.T> 要求ウェル <3992.T> クロスキャット <2307.T> キューブシステム <2335.T> などおなじみの種目のほか、Xのネット <4762.T>と東方システム科学 <4333.T> などを表示したい。

一定の面では、明日8月の輸入車販売など。 海外では、8月、米雇用統計が焦点となる。 このほか、7月にオーストラリアの小売販売など。 タイの市場が休場となる。 (中村純一)

出典:MINKABU PRESS

出典:
すべての株式

READ  ★今日の[강추 결산]gumi子供モバイルアークランド(9月10日) - 週乗車

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close