エンターテインメント

映画「TENETテネット「字幕科学監修山崎時氏インタビュー、作品を楽しむことができるポイントは? – GIGAZINE



2020年9月18日(金)に公開されたクリストファー・ノーラン監督の最新作「TENETテネット」は、「メメント」「インセプション」「インターステラ」などの作品を手がけてきた驚いた監督が長年構想してきた概念を形成したという作品。 監督自身が「何か新しい風を吹き込めない限り、手を出さない」と考えていた好きなスパイアクション映画を、最終的に製作したもので、その気合入っっぷり尋常ません。そのため、一見するだけ難解な部分もたくさんあるので、今回の作品の日本語字幕で科学監修を務めた東京工業大学物理ウォン物理学系調教山崎市さんに鑑賞時に役立つ何か情報を多様に聞いてきました。

映画「TENETテネット」公式サイト| 大ヒット上映中
https://wwws.warnerbros.co.jp/tenetmovie/

GIGAZINE(下、G):
「TENETテネット」を見に行くて事前にスポイラーなく予習しておけばと何を知っておくと「TENETテネット」の楽しさの真髄に1回鑑賞にアクセスでしょうか。

山崎四郎氏(以下、山崎):
まあ……質問に答えがされていないかもしれませんが、様々な説明して分析する立場だが、極論を言えば、「そのような忘れて大丈夫」と言う。

地:
(笑)

山崎:
「TENETテネット」は、科学の論理を学ぶ映画ではない、そこには演出だと思ってくれれば」と考えてはいけない、感じよ」という映画で言った人もいましたが、その答えの一つです。 ただ手伝ってほしいと人がいれば、「時間の逆行」というのが、東京から横浜まで歩い同様横浜から東京まで歩いて行くと、時間にしたものであると考えていることです。 過去1年後の未来まで行く1年かかるように、未来から過去にも、すぐにジャンプするのではなく歩いて帰って時間がかかります。 ワープするのではなく、まさに「時間旅行」のようなものになっていることを把握することが混乱しなくてもかなと思います。

地:
果たしてすべてついていることにつながっているわけですね。

[더 아래는 예고편에 포함되어있는 것 이상의 정보가 포함되어 있기 때문에 영화 히 츠지 봐 사람은주의하시기 바랍니다]

映画「TENETテネット」スペシャル予告2020年9月18日(金)公開 – YouTube

地:
山崎さんは、「インターステラ」を約50回鑑賞科学的に説明する講演会も実施しています。」TENETテネット」には、1回に見た時の理解度はどの程度のものでしょうか。


山崎:
今でみると、20%程度だったと思います。 字幕監修という立場だったので劇場公開前に見る機会があったのですが、責任ある立場なので、「すべての質問に答えることができるようにすべきだ」と考えたにもかかわらず、20%程度しか知らない」これは大変な仕事を引き受けていた」というのが最初の感想でした。

鑑賞後の周りの方々と議論したが、既に皆さん、何度も見ておられるので、早速会話に行くことができないという状態が「あれはあんなことだった」と納得している様子を悔しいていました(笑)

地:
(笑)

山崎:
まず、単語が確認しれません。 「プロ乗っニスト “これは主人公という意味だが、初見時は全く頭に入っていなかったので、「プロ乗っニストが……」という言葉をしても、それが何なのか全く分からないまま会議が進んでしまって。 一方、科学的な部分に関しては、「陽電子が出てきた」「反粒子エントロピー時間の逆行も「と今まで勉強してきた教科書の内容が出てきたので、早めに知っていたのかという感じです。

地:
今回の「字幕監修」という立場で携わっておられますが、どのような内容のことですか?

山崎:
「TENETテネット「科学を説明する映画ではなく、基本的には、スパイアクション映画です。 ただし、科学的な言葉出てくる場面が多数あります。 字幕を付ける翻訳の方は作業時には、映像を見ていないスクリプトのみ翻訳するので、後ですべての映像を見て言葉が画像と一致しているかどうか “答え合わせ”の確認を行うことができます。 例えば、本作では、「turnstile」という言葉が登場します。 翻訳の方は、これを「回転ドア」を翻訳したので、実際に映像を見て「なるほど」回転ドア」で間違っていない」と確認するという感じですね。

その中でも、「エントロピーが増加、減少、逆転」という言葉を使用する方法は、科学的な知識がないとわからない部分があるので、そこを文章文章確認ました。 「時間の逆行」の場合、日本語と「支持」に加えて「時間の反転」「時間の逆転」または「反応」など、様々な表現を選択することができます。その中でも、科学的に正確で、映画の字幕でも意味のあるものを探してという作業です。それ30位の文章についてしました。

地:
ある程度の時間がかかりますか?

山崎:
科学の監修自体は実は2時間程度しかかかりません。 ただ作品としては、その方が大きく……翻訳の方にも、映画の内容が難しいと悩んおられ、「一度見に来てください」と声をかけられ、最終的に5回見た。

地:
5回!

山崎:
社内の分を除くと最も多いのがないかと思います。 ただ映画を見るだけでなく、一度見るたびに約12時間以上かけてプレゼンテーションにまとめということを繰り返しました。 “” TENETテネット “科学”というパワーポイント資料ですが、今は100ページを超えるです。 それを見て受けて、なおわかり困難な部分は、例えば、「支持している間は、肉を抜くのか」「なぜその場面で、マスクをしていないか?」などの質問を受けて、改めて説明していますね。 これらのトータルケアの部分が30〜40%程度です。 一番大変だったのは、映画のパンフレットを作成する作業でしたね、今は60%程度の時間を過ごした。 負荷が多すぎて大変だった。 だから翻訳の科学監修自体は時間で言えば、全体の5%程度であったことです。

地:
山崎さんは、どのような点が一般の人が見た時にかかっている部分であると考えましたか?

山崎:
最も大きいのは「時間旅行とは少し違う」ということだと思います。時間旅行は、過去から未来、未来から過去に瞬時に移動するが、「TENETテネット」では、過去から未来へゆっくり歩いように、未来から過去にもゆっくりと歩いて戻ります。 映画の中で、「支持」と呼んでいますが、自分もそれに慣れて時間がかかって受け頃にはエンディングがある(笑)

地:
(笑)

山崎:
そして巡行と逆行が無秩序な部分。 カーチェイスと尋問シーンですね。 巡航だけ逆行だけ片側理解することができますが、一緒に来るので。


地:
実際には、この前代未聞の「時間の逆行」理論は、どのあたりまで実現可能なものであるのでしょうか?

山崎:
「可能不可能」という言い方で、「ほぼすべて不可能である」ということになってしまいます。時間が逆行するということは、宇宙が138億年一度も起こらないことであるので。 “もし時間を逆行することができれば」を前提したロジックを組んで考えていくと……この場合、「時間が逆行しても重力はそのままである “のように、いわゆる「時間逆行教科書」を作成していくことになるが、映画の中で、正直にぶっちゃけると、細かい部分で一貫性のあるところではあり。 そこはあえて演出に、そのようなところもあると思います。

地:
驚いた監督も「実際の科学に緩く基づいて作られた話」と言っています(笑)

山崎:
よく質問を受けるのは、車両が爆発するシーンです。 「爆発凍結しまう」としましたが、そこには、 “あまりにも深く考えていないことがわかりまし」と答えています(笑)


地:
なんと(笑)

山崎:
もちろん、その部分のロジックはどうなのかかと思ったが、これはまた、演出だと思ったほうが心が楽になります(笑)多くの場合、そのような部分もあるが、残りの部分を理解することができれば十分ではないかと思います。

地:
その爆発で凍結は「理論をしようと思うと、つけられるが、……」という感じですか?

山崎:
何をモチーフにああ言ったシーンを作ったのかということは知っている。 「インターステラ」もそうだったが、「科学的に正確な部分をそのまま映像化した部分」「科学的なモチーフが、「夢」を追加して映像化した部分」「科学的な意味づけはないが映像化した部分」という3つのステップがており、その例は、2段階とすることができます。

地:
なるほど、ステップがあるんですよ。

山崎:
モチーフがあるのは、おそらく熱力学の「エントロピー増大の法則」であると思います。普通熱というのは、熱いところで冷たい場所に伝わって、最後は同じ温度になります。ただし、今回は曲解するとすれば、時間が逆行しているので、熱が “同じ温度になる」のではなく、「異様な」というニュアンスなのかと爆発熱いほど、周辺が冷えるようなイメージですね。

地:
ああ、なるほど。

山崎:
ただし、これには「室温より温度が下がることはない」は、矛盾があって……そこが奇妙な部分はありますが、主題はので「こんな驚いた監督の演出なのだ」と思ってくれ方がいいんじゃないか。

地:
ふむふむ。

山崎:
一方、「これは正しいな」「面白い」と思った部分もいろいろあるんです。一番良いと思ったのは、主人公の名前のない人は、最初に逆行の世界に入るとき、水たまりを踏むシーンです。とても正確で良い描写だと思ってしました。普通の世界であれば、鏡のような静かな水溜りに足を踏み込むことで、水が飛び出します。秩序ある水が無秩序に終わる。これは、エントロピーが増加していることです。一方、「粉々水が勝手に集まって、きれいな水面上に」というのは、エントロピーが減少していることで、通常の世界では絶対に起こらないでしょう。アクションシーンで爆発と爆発が収縮して帰る姿が一緒に出てきましたが、「爆弾という秩序あるものが生じること」ではなく「それぞれ爆弾の材料が集まって爆弾に戻る」もエントロピーの減少です。

地:
果たして…

山崎:
日常生活の中で、「エントロピーの減少が発生してほしい」ということも、2点ほど考えていて、一つは、部屋や机の上に勝手にまとめドゥェダということです。

地:
(笑)

山崎:
あなたの机の上ってどんどん汚れていきますね。 物理学のジョークに、「デスク、汚いよ」と指摘されると、「この混乱ではなく、エントロピーの増加の法則」と返しというものがありますが(笑)、エントロピーが減少すると、この勝手に整えていきます。

地:
ああ、良い…

山崎:
他の一つは、食品ですね。 例えば、丼の具に椎茸が入っている「しいたけが嫌いだ食べることができない」という人がいますよね。 私はいくつか好き嫌いがあって……青椒肉絲とありますよね牛肉とピーマンとタケノコ炒め。 しかしながら、ピーマンとタケノコちょっと嫌 “なぜ混合か……得に混ぜているんだ」と思っています。 しかし、エントロピーを減らしていくと、皿に牛肉とピーマンとタケノコきれいガリ期次に牛肉になれば良いです。 エントロピーが操作することができれば、そのような食べ方もある。

地:
なるほど。

山崎:
簡単な中とコーヒーに砂糖を入れてもしまったとき、通常は元に戻らないが、エントロピーを減少が表示されたら、コーヒーに溶けてしまった砂糖をキャンセルすることができますてしまうんです。 そんな必殺技のような活用が可能と面白いかもしれません。 「TENETテネット」もその程度であれば、わかりやすかったかもしれませんが。

地:
もちろんそれだけ簡単であれば(笑)

山崎:
“手をかざしてとエントロピーが減少」のような感じだと。

地:
知られてみると、まあ混ざったものも元に戻す。 揚げにレモンをかけてしまっても元に戻すして香水のように混ざっていることも、いくつかのことを混ぜていたのかというところまで戻すね。

山崎:
そのようなことです。 エントロピーを元に戻すと、その夢があります。 私なら誰にも言わないで、ノーベル物理学賞を取るまで着実に継続して使用します(笑)

地:
実際には、一度も起こらなかった「時間の逆行」や「エントロピーの減少」を発見した場合、やはり確実にノーベル賞のでしょうか?

山崎:
もし「TENETテネット」のような現象を発見することができれば、ノーベル賞より、他の発見者の名前が冠に新しい商品が発見されて考えることがいいですね。

地:
また、そこまで言ってしまう。

山崎:
絶対にできませんが、そんなことになってしまいます。

地:
「TENETテネット」はキャラクターがどのように動いているかどうかをぱとわかり難しいもので、時間軸とキャラクターの逆行運動を示した図がTwitterで人気を集めていました。


山崎:
いくつかの場所いくつかのこのようなのかという部分はありますが、おおよその流れは正しいですね。 私主人公ニール、セーター、猫たちのタイムラインというのは、独自に作成しています。 冊子に掲載されていますが、カーチェイスまで本当に複雑で敵と味方、支持運動で4台の車があり、その中で主人公ニール、セーター、猫が移動し、また、プルトニウム241が入ったケースと本体が他の運動をするため6つの商品が続々と乗り換えるすごく複雑な図されています。 そこまではさすがに誰もいないではないかと思います。

地:
カーチェイスの部分もめちゃくちゃというわけではなく、かなり正確な描写されている。

山崎:
「TENETテネット」という作品の枠組みの中で概ね一貫して入っています。特に自動車の動きと人の動き、物の動きは、図できるようにできちゃ動いています。


地:
おお。

山崎:
少しだけ奇妙なことは、人間の動機ですね。 「あいつから逃げる」「あいつを追いかけ」という動機があると思いますが、なぜ、「人から逃げよう」としているがじわじわと思うと、「あいつを追いかけ」があるという部分が出てきますがあります。

地:
そうだったから。

山崎:
カーチェイスシーンで主人公たちの車を後ろから追ってくる車が出てきます。 それは私たちの見ていると「鳥肌支持車両に追われる」ですが、逆行彼らから見れば「主人公に追われている “ようになってしまいます。 つまり、追うのではなく逃げている。 互いに離れて置かれているわけです。

地:
ああ、なるほど。

山崎:
本来は、車両の方向は、2台とも同じ追いかけ与えるか逃げたりしかなく、車のフロント同士リア同士に向かって追いかけ・逃げるという動きにすることも動機から考えると不思議なんです。 「カーチェイス年始をしているような状態」と思ったら通過したんです、「セーターはなぜそのようなことをしていたのだろうか?」まで考えてしまう不思議されてしまった」セーター主人公を教育していたのだろうか」と考えています(笑)しかし、そのような部分を除けば適合します。


地:
(笑)

山崎:
「TENETテネット “他の時間旅行のものより大幅に私たちの感覚に近いものです。 時間旅行も乗って横浜から東京まで瞬間的にワープすることは時間のバージョンをしている、実際に歩いてすぐの正体に取れる場合でもして苦労していくことですね。 このように、過去への移動も、リアルタイムで生活しながら戻っていく。 映画の中でも、コンテナで支持しながら、主人公が生活している場面がありましたが、その地味な支持場面も私すごく好きだった。 現実にあふれ。 どの映画のようにすごいCG効果とかが起こるわけではなく、単にコンテナで支持空気を飲みながら生活している。 とてもリアルな映画だと思いました。


地:
「TENETテネット」を表示前の事実を知っていれば、様々な分かりやすかったかもしれない…(笑)

山崎:
しかし、最初はあえて完全混乱に陥るというのもあります。 その体験をすることができる最初のだけですからね。 私は5回見てもまだ分からないことだらけで、残りの50回くらいはみようかと考えています(笑)

地:
今日はありがとうございました。

クリストファー・ノーラン監督の「TENETテネット」は全国ロードショー中です。 パンフレットにもかなり多くの情報が掲載されているので、謎が気になる人は、ぜひ読んでみてください。 公開週の週末には、品切れも発生していましたが、その状況はほぼ解消されています。

◆「TENETテネット」作品情報
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス
製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デビッドワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベスにヴィッキー、ディンプルカパーディア、アーロンテイラー・ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケルケイン、ケネス・ブラーナ
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
©2020 Warner Bros Entertainment Inc. すべての権利予約

◆山崎四郎さんプロフィール
山崎時(東京工業大学科学部補助博士(科学))
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。 博士(理学)。 両者物性研究で、日本物理学会第10回若い奨励賞を受賞した。 「インターステラ」(2014)相対性理論で説明会を全国に100回近く実施、雑誌にギゴグァweb連載を続けている。 東京学芸大学の量子力学と相対性理論の講師としても抜擢される。 コマ大戦で優勝したカット博士の異名を持ってNHKなどTV出演多数。 著書には、「コマの科学」(講談社ブルーバックス)。

READ  Parsonsは境界を要求するが、パラリンピックが安全に開催されることができると主張しています。


この記事のタイトルとURLをコピー

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close