エンターテインメント

映画で会う日本

オンライン映画祭は、熱狂者が物理的に外国に出ることなく「旅行」できるプラットフォームとして機能します。

貴族 – 異なる社会階層の2人の女性がそれぞれの人生の旅程で苦軍奮闘する内容を込めた映画です。

映画愛好家が見たばかりの特定の映画に熱狂するのは奇妙なことではありません。 ところが、映画にあまり関心がなかった人がSNSで突然1編について叙情的に浮かび上がれば注目に値する。

東京に住む友人のキクに起こったことです。

昨年初め、彼女は当時日本で上映されていた映画「貴族」について話し続けた。 彼女の情熱は伝染性があって私も気になった。

見ることができるかどうかわからず、人気作家の山内麻里子の小説「あのこはきぞく」を買った。 読みやすかったのですが、同時に多くのことを考えさせる文でした。

1年後、日本財団が25カ国で無料で観覧できる日本映画祭(JFF)オンライン2022のラインナップを発表したとき、私は嬉しかったです。 コロナ19ファンデミック(世界的な大流行)とグローバル旅行禁止の中で外国映画を見ることは、出国せずに「旅行」する確かな方法だった。

2本のアニメーション映画を含む20本の映画がリストに含まれています。 2020年と2021年の封切り作が主なハイライトでしたが、一部の古い映画も見られました。

そのリストに「貴族」があったのに見たかったです。

すべてのニュアンスと描写

東京を背景にした「貴族」は、異なる階層の二人の女性である花子とミッキーがそれぞれの人生旅程を苦軍奮闘する物語です。 二人が見ている一人の男のために二人の道は交錯した。

映画がなぜキクに惹かれたのか、突然理解になった。 Iidaという長野県の一人暮らしの山間村出身の彼女は、過去10年間東京で働いて暮らしていたので、「内部者対外部人」のシナリオをよく知っていました。

監督ソデユキコは小説のニュアンスを美しく捉え、私たちが訪問客や観光客として日本大都市の眩しい魅力を越えてはあまり見られない都市と田舎の境目を追ってみると、忙しい東京が静かで視覚的に楽しいです。 。

Sumodoは、他の馬小屋で相撲選手の2人の人生を捉えるためにビハインドストーリーを盛り込んだスポーツドキュメンタリーです。

まだ東京を通じた文化旅行は、2020年に発売された「相撲:侍の継承者」でした。 映画製作者の坂田栄jiの作品であるこのスポーツドキュメンタリーは、日本の主要トーナメントを準備しながら、異なる馬小屋から来た二人の相撲選手の人生をビハインドに込めます。

スポーツ自体に関するもの以上に、この2人の選手、高田川馬区間の龍電、堺川馬区間の高エードという2人の選手の人格形成と競争が激しいプロ相撲の世界で生き残るために彼らが経験する過程を見せ与えます。

多くの外国人にとって、相撲はうんざりしている選手たちと一緒にやっているような面白いスポーツのように見えます。

一部の人々にとって、女性はリングに入ることができない差別的なスタジアムのように見えるかもしれません。

しかし、勝負欲が勝利のカギである日本文化に対する興味深い洞察だ。

結局、二人が最後に向かってお互いに向かい合う姿を見て二人を応援するしかなかった。

方言と文化の間

東京で私はリンゴで有名な北部青森県へ「旅行」できました。

2021年の映画「伊藤」は、本当に日本の伝統文化と大衆文化が混在したバッグでした。

物語は、弘前市の郊外に住む高校生の伊藤についてです。 田舎の多くの人々と同様に、彼女は強いイントネーションで地元の方言を話し、標準的な日本語に苦しんでいます。 彼女はまた、他の人と交流するのに苦労し、しばしば青森の方言で話します。

伊藤は彼女の性格と才能が花を咲かせながら登場人物が経験する段階を描写します。

言語学習者として非標準的な日本語に関心があり、そのような面で映画が魅力的だと思います。 青森出身の横浜里子監督が伊藤を演じるほど信じられるほど方言を駆使する若いスターを探すのに苦労したという話をどこかで読んだ。 結局、21歳の別の青森トバクであるコマイレン(Komai Ren)がその役割にキャストされました。

青森「旅」のもう一つの文化的側面は、県北端の津軽に根を置いた伝統3弦弦楽器である「津軽三味線」でした。 映画では、伊藤は新進で才能のあるツガル三味線奏者であり、家族の3つの楽器演奏者です。

しかし、彼女は彼女が演奏するときに自分が愚かなように見えると思います。

ファンデミックの前に日本の都市で大衆文化体験を探している観光客はしばしばメイドカフェを訪れます。 メイドカフェでは、サービングが西洋式メイド服を着て、自宅でゲストをオーナーやホステスのように扱います。 服を着て可愛くて見知らぬ人に屈するには、ある程度勇気と覇気が必要です。

アルバイトをしているうち、伊藤は隣の青森市にあるメイドカフェの空席という意外な広告に惹かれます。 伝統文化と大衆文化が融合し、伊藤は個性と才能を開花させます。

「幸せのパン」

「幸福のパン」に描かれたカフェは、日本全域の田舎に位置するカフェをよく反映しています。

JFFラインナップにある10年の映画は、私を北に北海道に連れて行きました。

「幸せのパン」は絵のような洞爺湖周辺を背景に撮影されました。

火山カルデラで形成された湖は、自然や温泉愛好家に人気の四コース洞窟国立公園内にあります。

映画では、RieとNaoは東京から北海道に移動したカップルです。 宿泊施設も提供する湖畔のベーカリーカフェ、Café Maniを運営しています。 静かですが、カフェには定番のゲストと絹のゲストがあります。 彼らのそれぞれは自分の個人的な問題を持っていますが、彼らは少し明るくて配った感じを残します。

興味深いことに、カフェは実際の生活に実際に存在しますが、Café Gaucheとして知られており、宿泊施設を提供していません。

私は田舎にあるカフェが大好きです。 日本旅行をするときは、しばしばこれらの場所を探して昼食やお茶を飲みに立ち寄ろうとします。 オーナーがお客様を個人のゲストのように扱うので、ホスピタリティはいつも傷つくことはありません。

「魔法を探して」

オズランドは小森洋一の小説「オズの世界」を原作にしている。

北から私は九州地方の熊本南部県に「旅行」しました。 2018年のコメディ「Oz Land」は、リゾートチェーンの一部である実際の遊園地であるMitsui Greenlandを披露しました。

映画は小森洋一の小説「オズの世界」を原作にしている。

ストーリーで馬蹄形が東京都久留は高級ホテルチェーンに就職しますが、九州の付属遊園地に割り当てられます。 落胆した彼女は、些細なことをしている自分を発見し、首都に戻ることを望む悲惨な日々を過ごす。

時間が経つにつれて、くるみは自分の仕事と同僚の新しい視点を持っています。 彼女は遊園地を家族が魔法と幸福を求める夢の国に変えること、自分の仕事が結局意味があることに気づくようになります。

「オズランド」は日本や他の場所でテーマパークを訪れたことがある人なら誰でも共感する「心地よい」要素がある。 色とりどりのアトラクションと幸せな観覧客の姿はまるで「観覧車」に乗る時の感じと同じ温もりと軽さをかもし出す。

JFFオンラインは、日本財団が日本映画を世界に知らせるための年次イニシアチブです。 今年の祭りは2月14日から28日まで行われた。






READ  IHGホテル&リゾート、2021年大阪にヘッドラインオープンとともに日本でホリデイ・インエクスプレスブランド発売

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close