エンターテインメント

映画に触発された森のための日本のクラウドファンディング

発行日: 修正済み:

東京(AFP) – 日本のある都市で愛される映画「隣人トトロ」のアニメーターにインスピレーションを与えた森という特別な森を保存するために、クラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

東京郊外の東光沢市は、3.5ヘクタールの「トトロ森」を26億円(1,900万ドル)で購入する計画で、クラウドファンディングでそのうちの一部しか充当すると市役員がAFPに語った。

関係者は「この地域は宮崎監督(はやお)がトトロを歩きながらアイデアを出したところの一つ」とし「この計画は森を自然保護区にすることが目標」と付け加えた。

宮崎スタジオジブリの1988年アニメ映画には抱きしめたいが、神秘的な森の精霊キャラクタートトロが登場します。 トトロは世界中のファンにすぐに気付く人物になりました。

彼の家にインスピレーションを与えた森は、東京から北西に約30km、約7,000本のオークがあります。

Tokorozawaは、クラウドファンディングの参加者に25,000円($ 185)を寄付するよう依頼し、その代わりにStudio Ghibliが提供する背景イラストの印刷を受けます。

日本国内のドナーを対象に初期1,000セットを使用できるが、関心がある場合は追加ラウンドを組織できると関係者は述べた。

キャンペーンは土地購入の費用の一部しかカバーしませんが、市はこのキャンペーンが森林への関心を引き起こし、森林の保存のための支援を構築することを望んでいます。

Isao TakahataとStudio Ghibliを共同設立したMiyazakiは、「Spirited Away」を含む一連のアニメヒット作で有名ですが、Totoroは彼のスタジオで最も愛されているキャラクターの1つです。

READ  日本女子カーリング、北京オリンピック開幕戦スウェーデンと対戦する

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close