春バスショーに向かう照野富士は賞を狙う

Estimated read time 1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック春バスショーに向かう照野富士は賞を狙う

孤独なグランドチャンピオンの照野富士は、3月10日日曜日に大阪で春のバショウが始まるとき、誰もが切望する10番目のエリートレベルチャンピオンシップタイトルを獲得することにしました。

32歳の照野富士(Terunofuji)が3月10日から24日まで大阪府立体育館で開催されるトーナメントで1位を獲得しました。

Terunofujiは1月のトーナメントで印象的な13-2に勝利し、プレーオフで当時sekwake Kotonowakaを倒し、9番目の天皇杯を獲得しました。

モンゴル出身のグラプラーである彼は、エリート幕内部門で10回の優勝を獲得し、高い評価を受ける横綱としての立地をしっかりとするという熱望を隠さなかった。

春のバスショー
照野富士(右)と祥台が3月6日、大阪常塚制馬小屋で訓練に参加している。 (©サンケイ)

怪我の履歴により、2023年のトーナメントだけを除いて、全員出場できなくなった照野富士は、近いうちに10回目の天皇杯を獲得するために熱心になるでしょう。

照野富士は15日、バショを控え、記者会見で「毎日全力で競争する」と話した。

広告


石川観光客バナー

続いて「2回連続優勝のために努力するだけに、もう一度最善を尽くして努力したい」と付け加えた。

春のバスショー
新しく昇格した大関琴乃若が、2月26日春のバショの公式ランキングを示すチャートであるバンズケを持っています。 (KYODO)


ウクライナ援助バナー

琴乃若、初めて大関としてレスリングに挑戦

春大相撲トーナメントのもう一つの大きなストーリーラインは、元関口琴乃若テルマサの息子で、元横綱や琴桜の孫である琴乃若の大関デビューになります。

Kotonowakaは、前の3回のトーナメントで33勝を獲得し、彼は高岳とモンゴルのホショリウと共に相撲の2番目に高いランクで昇格する資格があることを証明しました。 霧島

千葉県出身の琴乃若(26歳)は「私の支持者を幸せにする相撲ブランドと戦えるように最善を尽くす」と話した。

HoshoryuとKirishimaはどちらも、1月以前のトーナメントでしっかりとした成績を収めた後、強力なタイトルライバルになります。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上にわたり日本スポーツを取材してきた長いジャーナリストだ。 あなたは彼を見つけることができます SportsLookの記事

広告


石川観光客バナー
READ  アイルランドラグビーサッカー連合、女子選手と43のプロ契約締結ラグビーユニオンニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours