理科

時計| 8時間持続した巨大な太陽フレアで太陽爆発

太陽は8時間以上続いた巨大なフレアで爆発しました。 太陽から注がれる途方もないエネルギーは、日本と東南アジア全域にラジオ停電をもたらしました。

太陽フレアは太陽から過熱したプラズマを放出しました。 (代表画像)

太陽で起こった最も長い出来事の一つになることができるこの事件で、巨大な太陽フレアが新しい周期で大きく活性化し、地球の星から爆発しました。 成長した黒点AR3032が爆発し、ほぼ8時間持続するM3級フレアを生成しました。

2台の宇宙船が宇宙で事件が展開されるのを見守った。

地球を含む内部惑星に向かって突進する巨大なフレアは、太陽から放出される極端な紫外線で大気の頂部をイオン化しました。 この事件により、日本と東南アジア全域で短波ラジオ停電が発生しました。

spaceweather.comによると、地域の無線通信事業者は、フレアが頂点に達した後、1時間以上30MHz未満の周波数で異常な伝播効果を検出した可能性があります。 この爆発はまた、太陽圏と太陽圏天文台(SOHO)が観察したように、コロナ質量放出(CME)を宇宙に投げました。

また読む太陽の再爆発:地球を強打する地磁気嵐

太陽から太陽フレアビュー

太陽フレアは太陽から過熱したプラズマを放出し、時速数百万キロメートルの速度で電力を供給しました。 SOHOが行事を行っている間、2010年から太陽に焦点を当てたSDO(Solar Dynamics Observatory)も眩しい発展を見せました。

米国に本部を置く国立海洋大気庁(NOAA)は、CMEが今週後半に地球の近くを通過し、おそらく私たちの惑星の磁気圏に眩しい打撃を与えると警告しました。 CMEは小さなG1グレードの地磁気嵐を引き起こす可能性があります。

インド科学教育研究所(Indian Institute of Science Education and Research)傘下宇宙科学優秀センター(Center of Excellence in Space Sciences India)は、コロナ質量放出が検出されたと通知しました。 機関はツイートで「DBEM適合性は645-922km/sの範囲の速度で6月15日に顕著な衝撃を示しています。 。

地磁気嵐は、太陽風から地球を囲む宇宙環境への非常に効率的なエネルギー交換があるときに発生する地球磁気圏の主な乱れです。

また読む太陽フレア、アジア一部地域の電波停電誘発

READ  衝突中の2つの超巨大質量ブラックホールの「シャドウ」のサイズ変更

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close