理科

時速180万kmで地球を襲っている太陽嵐| 科学| ニュース

太陽大気の赤道域に穴ができた研究者たちは言った。 この穴は、毎秒500kmまたは時速180万kmの速度で太陽の粒子を噴出しています。 残念ながら、地球には太陽の粒子の流れの直接パスにあります。

予報官は、このストリームが5月2日に地球を強打すると予想して、地球の衛星技術に影響を与える可能性があります。

これは「弱い電力網変動」につながる可能性があり、「衛星運用に若干の影響」を与えることができるG1評価嵐に分類された。

天文学者Tony Phillipsは彼の宇宙気象サイトには、次のように書いている。 「太陽風の流れが地球磁場を強打することが予想される5月2日にG1級地磁気嵐が発生する可能性があります。

「ガス物質は、太陽大気の赤道穴から500km / sよりも速く流れています。 “

この太陽嵐は、概して重要ではないが、一部の専門家は、主太陽嵐が “そうでない場合」の問題と警告しました。

よく太陽は、太陽フレアを放出してエネルギーを宇宙に爆発させます。

この太陽フレアの一部は、地球を強打することができ、ほとんどの地域には無害です。

しかし、太陽はまた、あまりにも強力な太陽フレアを放出して、地球の技術を損傷することがあります。

続きを読む:NASAの衛星が太陽からのプラズマの「トルネード」を捕捉します。

このように、専門家は、深刻な宇宙気象事件の準備不足を嘆いて水槽のコストがかかり、大規模なパニックを引き起こす可能性があると警告しました。

リスクコンサルティング会社Drayton Tylerは、次のように述べ: “太陽熱嵐は「いつでも、そうでない場合」のイベントです。

「最悪の場合には、直接および間接費用は数ヶ月ではなく数年の回復時間に数兆ドルに達する可能性があります。

「この程度の規模の事件が発生する確率は、英国王立工学アカデミーによって10年に10分の1と推定されます。 “

READ  火星着陸:NASA、忍耐ローバー着陸成功記念

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close