エンターテインメント

時間が逆行飛行機の衝突など派手なアクション映画「TENET “が”ほぼドキュメンタリー」と言う理由を知るメイキングが公開中 – GIGAZINE

動画



ダークナイト」「インセプション」「ダンケルク“などのクリストファー・ノーラン監督の最新作「注意「2020年9月18日(金)に公開予定です。時間が逆行する世界でのタイムサスペンスだが、CGでしか見えないアクションシーンも実写で撮影されたものとなっており、「すごい」としか言えない圧巻のメイキングが公開されています。

TENET-ビハインドストーリー独占-YouTube

TENETについて「視聴者は、これまで、このような映画を見たことがない」と言うのは、主人公の「名前のない男」を演じジョンデビッドワシントン氏。


ニール駅のロバート・パティンソン彼は「アクションが詰まった冒険映画」と言います。


「私は映画で見たことがないイメージだった」とキャット役のエリザベスにヴィッキー氏。


「優れたフィルムメーカーの全身が総毛立つハイリスクハイリターンのスリラー “とアンドレイセーター駅のケネス・ブラーナ 氏は言います。


「今まで見たことがない」と話した俳優陣について驚いた監督は、「TENETは、古典的なスパイ映画です。私は子供の頃からのスパイ映画愛でした」と言う。


これまで数多くのスパイ映画が作られており、スパイ映画で観客に衝撃を与えることは非常に難しくなっています。 驚いた監督は、TENETで、その課題に挑戦。


TENETのコンセプトは、「Inversion」(反転)。 「事物や人が逆になるという「逆」は非常に映画の方向です」と驚いた監督は言う。


机の上にあったものが手に入ってきたか、……


撃ったはずだ弾丸が銃口に戻るには反転現象が、様々なシーンで表現されます。


アクションシーンを撮影するためには、多くの訓練を必要としたもの。 「誰もが反転パンチは本当に経験したことないから」とワシントン氏。


アクションシーンの協議の様子はこんな感じ。


これトレーニング風景。 ワシントンさんが相手役を蹴って……


後ろ降りひざまずい銃口を向けたかと思うと……


そのまま後ろに転がって……


また、立ち上がり銃口を向けます。 一般的なアクションシーンであれば、「後ろから前に「これからが、すべてが逆転する世界観のTENETは「前から後ろへ」アクションシーンになります。


「大変ですが、すごく興奮した。これまで全く見たことのない動きだったので、スタント俳優たちも学んでいました。面白い挑戦しました」


相手を投げ倒す場面も倒したシーンから始まります……


グルント相手を振り回し……


最後に回します。


「クリスはCGが嫌い現実的な方法カメラで撮るのが好きです」と言うのは、プロデューサーのトーマス・ヘイスリップさん。


劇場での爆発シーンもCGがなく、実際に劇場に多くのエキストラを動員して撮影しました。


気絶オーケストラ団員の間を縫うように動くカメラ。


爆発シーンも実際に実行します。 爆発の近くの観客席のみエクストラの数を減らしているが、いくつかの余分な火の粉を書いているようでした。


炎の中から脱出していると思われる場面では、……


効果を創出するために、カメラの前で砂のようなものを投げています。


建物も爆破まくり。


「ほぼドキュメンタリーのようなものでした」と、ワシントン氏は言います。


手のひらに物体が吸い込まれる場面もCGがなく、撮影時、実際に飲まれていました。


「視聴者は、無意識のレベルで作成された映像と撮影された映像の違いに気づいていると思います」


体にロープをつけた状態で床に横たわってワシントン氏。 これ……


ロープに引かれてなるように飛び出し、そのまま壁を走っていきます。


クレーン吊り下げられながら建物の屋上に上がります。


「技術とエネルギーを持たない演技者がなければ、映画の表現は不可能だった」


「クリスは会議の後、「大変だ〜」と私は笑ったが、数ヶ月後、私は “それは正しかった」と。実際にとても大変だった」とワシントンは言った。


「クリスは俳優を「船員」として扱います “


“彼は現場に立って100%、そこに参加することです。」


「彼は雨が降っても、撮影を続けることができているんです。映画を愛しているから」


「彼は入る文句権利を失うのです。そこには、彼のいいところです “


「何か新しいことを視聴者に見せたいと思っているので、すべての映画の中で自分自身に挑戦します。そして、それは過去の経験の上に成り立つものだ」と語った驚いた監督。


TENET全世界を襲う脅威について描かれたので、「世界を舞台にする」という点が大きなポイントでした。これを最も簡単な方法は、「実際に自分たちが世界各国に私が撮影する」というものであったとのこと。


イタリアのアマルフィ夏を撮影舞台にして……


モンスーン最中、インドで撮影したり。


ロサンゼルスを拠点にしながら目的とするシーンに応じて、世界中の撮影場所を計画することは非常に困難な作業であったとする。


「高速道路8キロ区間を3週間チャーターもあります。数百人のエキストラを車に乗車させてスタント運転させたんです」


これ実際の撮影現場。


ここで、自動車事故が「反転」のシーンが撮影されたことが分かった。


映画は、飛行機がビルに衝突する場面もあります。


このシーンは非常に計画的に撮影されました。


まず実際の飛行機を調達。


撮影は、実際に実行している空港です。


飛行機の下には、自動車が巻き込まています。


徹底した準備の下……


実際に飛行機を建物に突進します。


「本当にリアルだ。なぜなら、現実に起こっているからね」とパティンソン氏は笑って言った。


また、TENET最終トレーラーは次の中から見ることができます。

クリストファー・ノーラン監督の時間逆行タイムサスペンス「TENETテネット」の最終予告編が公開 – GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  関ジャニ∞村上信五「THE MUSIC DAY」で明らかになった "病気"公表 - "すべてに精通してもらう」と理解要求(2020/09/23 08:00)| 西条ウーマン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close