経済

景気回復期待で東京株式市場の上昇

東京株式市場は、水曜日コロナウイルス予防接種の進展、経済回復への期待が高まり、さまざまな問題が買収を誘導しながら上昇しました。

東京証券取引所の225発行日経平均は火曜日45.74ポイント下落のターンアラウンドで28,946.14で取引を終えて131.80ポイント(0.46%)を記録しました。

すべての最初のセクションのTopix指数は前日3.20ポイント上昇に続き、16.15ポイント(0.84%)1,942.33で取引を終えました。

株価は火曜日、ウォールストリートが方向を設定していなかったし、交錯した出発を見せました。 Nikkeiの一部比重が大きいコンポーネントの問題は、最初から積極的な販売に会った。

しかし、投資家が、日本の内外でより多くの人々が予防接種を受けているという点で、投資家が特に経済的に敏感なサイクルのニーズを新たにしながら、すぐに購入が優位を占めたブローカーは言った。

市場は活発な買いが午後に力を失ったが締め切りまで好況を維持しました。

Nomura Securities Co.の戦略家であるMaki Sawadaは、市場を動かす主要なイベントがない中で、「オプションの購入が一日を早めた」と指摘しました。

米国労働省の5月の雇用レポート発表を控えて、いくつかの選手がフェンスに座っての取引は比較的落ち着いた彼女は指摘した。

Toyo Securities Coの戦略家であるHirohumi Yamamotoは「日本の遅いが着実予防接種進行に加えて、緩和された事業の制限は、内需志向の株式を魅力的にしました。」と言いました。

火曜日からデパートやその他の大規模商業施設の廃業要求が東京や他の多くの県で拡大されたコロナウイルス緊急事態に緩和されました。

TSEの最初のセクションでは上昇は1,259から842に減少しており、92個の課題は変更されません。 取引量は火曜日の9億7000万株で、12億8500万株に増加しました。

運送業者は、観光需要の回復に対する期待感で活発な購入を楽しみました。 鉄道運営会社JR Westは7.66%、同種の航空会社は6.03%、JALとANAは、それぞれ3.46%と3.19%増加した。

デパートは伊勢丹三越が4.40%、ジェイフロントリテイリングが3.24%増加し急増しました。

資源開発INPEXは原油先物価格の上昇で4.15%上昇しました。

一方、半導体部門の問題は、火曜日、米国の技術中心であるナスダック総合指数の下落により、下落した。 敗者の中のチップメイキングギアメーカーであるTokyo Electronと産業用ロボットメーカーのFanuc(二日経のヘビー級の部品)がありました。

技術投資家であるSoftBank Groupと医療情報プロバイダM3のような他の主要なNikkeiコンポーネントも損失を被った。

大阪取引所で取引される指数先物でNikkei平均の6月の主要な契約は、200ポイント上昇して28,960に仕上げました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

READ  AirPods Maxが高いって? 高いですよね。 高価ですが。 | ギズモ・ジャパン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close