技術

暗号通貨を通じて、中国の投資家は日本で土地取引を隠します。

消息筋によると、東京税務当局は中国政府の調査を避け、日本の不動産に約270億円(2億3700万ドル)を投資するために暗号通貨を使用する中国ベースの計画を発見した。

画像ソース:フリップボード

日本当局は、2億3700万ドルの不動産ベースの暗号通貨詐欺を摘発

東京国税庁の関係者は、東京台東区で外国人観光客を対象とした写真館を運営する会社に対する税務監査を行いました。 消息筋によると、同社の年間売上は約1000万円に過ぎなかったが、税務公務員はアカウントに入って出て行く莫大な現金を発見した。 アカウントの1つは、円で取引される暗号通貨取引所でした。

税務当局者は、中国の3人が2019年3月までに3年間円に転換するために東京会社に約270億円相当の暗号通貨を送金したことを発見しました。 東京会社は手数料として円の一部を保管しました。

3人の中国人はウィチャットアプリを使って指示を下し、換算された円は他の中国投資家の一部不動産取引に使われた。 報道によると、三人は日本の不動産に投資しようとする中国の富裕層から人民元を集める仲介者の役割をした。

年に$50,000(約560万円)以上を海外に送金しようとする中国市民は、まず中国政府に承認を要請する必要があります。

暗号通貨転送追跡の難しさが主な原因の1つでした。 中国人民銀行 9月に複数の暗号通貨関連活動に対する包括的な禁止を宣言しました。

中国の送金規則に精通した福岡県のShingo Mori弁護士は、北京が海外不動産投資のための送金を拒否する可能性が高いと考えています。

消息筋によると、東京税務当局は、東京企業が稼いだ手数料に対して税金を課す案を検討したが、財政問題のために無産となった。 東京は詐欺的なビットコインの転送を根絶するために中国と協力する必要があります。

現日本Ernst&Young Tax Co.の責任者である引退した国税庁公務員の信媚信氏によると、税務当局が大規模な暗号通貨収入を即座に追跡できない場合、主な問題が発生すると述べています。 そのような状況では、適切な税金は不可能であると彼は言った。

Tsunodaは、「最近のケースは、資金の流れを完全に把握し、そのような取引で発生する問題を特定し、問題を解決するための措置を講じるために、中国の税務当局と協力することが重要であることを示しています」と述べました。

東京に拠点を置く同社は、2020年末に運営を中止しました。 運営者は中国生まれの30代男性でした。

会社の年収はそれほど高くはなかったが、会社所有主の知人が10億円無利子融資を受けた。

知人は「恋愛のためにお金を貸してくれた」と説明した。 「私はなぜ彼がそのお金を持っているのか尋ねなかったし、なぜ彼がそれを持っているのか知りませんでした.」 税務当局は暗号通貨の監視を改善しようとしましたが、すべての取引を追跡することは困難です。

この記事が有益だと思われる場合は、友人や家族と共有してください!

さらに読む:ラテンアメリカ諸国では、住宅のビットコインの支払いを許可しています。

READ  Googleは、マンハッタンのオフィスビルに21億ドルを投資

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close