science

暗黒物質と暗黒エネルギーの謎に迫る32億画素のデジタルカメラ| sorae宇宙のポータルサイト

LSSTカメラのセンサー部分。 画素数は32億画素(Credit:Jacqueline Orrell / SLAC National Accelerator Laboratory / NSF / DOE / Rubin Observatory / AURA)

ここでは、チリの縦・パチョᆫで建設が進め「ヴェラ・ルービン天文台 “望遠鏡に使用される幅60cmの巨大な光学センサーで画素数は32億画素。 一つ1600万画素(4000×4000画素)のCCDセンサーが189個(ガイド用センサーなどまで含めると205個)広葉樹、撮影した写真を実際のサイズで表示するには4Kテレビ378台が必要だと言います。

このセンサーは、ヴェラ・ルービン天文台が実施する「時空レガシーサーベイ(LSST:Legacy Survey of Space and Time)」使用されるLSSTカメラに内蔵されています。 LSSTカメラは、長さ約3m、幅約1.65mと小型車程度の大きさがあり、重さは約2800kg。 近紫外線、可視光線、近赤外線観測に対応しています。 一度に撮影できる空の範囲は、幅が満月7個分そして、その高解像度に応じて24km離れた位置でゴルフボールを識別することができといいます。 米国科学財団(NSF)の国立光学・赤外線天文学研究所(NOIRLab)は光学天文学用には、世界最大のデジタルカメラと表現しています。

LSSTカメラが撮影できる視野の幅は、満月7個分(左)、24km先のゴルフボールを識別することができる(右)(Credit:Greg Stewart / SLAC National Accelerator Laboratory / NSF / DOE / Rubin Observatory / AURA)

LSSTカメラいくつかの夜に南の空全体を観察することができ、10年の間に撮影を繰り返します。 一晩に取得されるデータ量は、約20テラバイト10年間の調査観測で15ペタバイト(1万5000テラバイト)データベースが作成されるとします。 観測データは、リアルタイムで処理され、超新星爆発などの突発天体が発見された場合は、60秒以内に、世界中の研究者に向けて警告がされます。

ヴェラ・ルービン天文台でLSSTカメラを設置した「シモニーサーベイ望遠鏡」(口径8.4m)の観察によって暗黒物質(ダークマター)と暗黒エネルギー(ダークエネルギー)の理解太陽系の天体カタログなどを目標としており、王無私無我やボリソフ彗星のように恒星間天体の発見も期待されています。 天文台の名前は銀河の回転速度の観測をもとに、暗黒物質の存在を証明した天文学者ヴェラ・ルービン氏にちなんで命名された。 シモニーサーベイ望遠鏡の最初の観測(最初の信号)は、2021年に本格的な運用開始は2022年10月に予定されています。

建設中のヴェラ・ルービン天文台(2020年2月に撮影.Credit:Rubin Observatory / NSF / AURA)

※初めに発売にCCDセンサーあたりのピクセル数を「16万画素」と表記していましたが、正確には「1600万画素」(16メガピクセル)です。訂正した後、申し訳ありません。[9月10日18時20分追記】[9월10일18시20분추기】

画像クレジット:Jacqueline Orrell / SLAC National Accelerator Laboratory / NSF / DOE / Rubin Observatory / AURA
出典: ヴェラ・ルービン天文台 / ノワールラップ / SLAC国立加速器研究所
文/松村武宏

READ  ドイツウイルスアプリで100日ぶりに120万件のテスト結果の転送

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close