スポーツ

更新1-OECD、日本への経済の財政的、通貨的支援の維持を促す

(段落7、11でOECD事務総長の引用を追加)

ダニエル・ロイシンク、小宮関太郎

東京、12月3日(ロイター) – 経済協力開発機構(OECD)は、日本がファンデミック(世界的大流行)から経済が回復するまで拡張的財政政策を維持しなければならず、超緩和的金融政策を早く撤回してはいけないと明らかにした。 金曜日。

OECDは、2019年4月以降に初めて発表した日本経済調査で、コロナウイルスファンデミックが経済に大きな打撃を加え、回復傾向が比較的緩やかだったが、成長は弾力を取り戻していると明らかにしました。

OECDは調査で、日本銀行(BOJ)の金融政策がインフレを目標値である2%まで引き上げることに成功した場合、金利引き上げにつながり、財政健全化の必要性を触発すると述べた。

すると「経済がファンデミックから抜け出して余裕容量が減ってインフレは徐々に回復しなければならない」とし「供給支障と世界他地域の物価上昇が国内インフレを引き上げることができる」と話した。

組織は「通話政策調整が恥ずかしく撤回されないことが適切だ」と付け加えた。

OECDは、調査で財政政策が短期的に経済を支え続けなければならないと述べた。 マティアス・コマンOECD事務総長は、日本の負債が国内総生産(GDP)の2倍以上に増えたと述べた。

Cormann氏は、パリのオンライン記者会見で、記者たちに「実際には高すぎるGDPに対する負債比率を解決することが重要だ」と述べた。

彼はその割合を減らす最善の方法は経済成長を強化することだと付け加えた。

公的負債に対する金利の支払いは、BOJの通貨と収益率の曲線管理方針のために一部低く保たれており、これは政府がより高いまたはボラティリティの高い金利のリスクを負うことなく借り入れるのを助けました。

日本は先月4900億ドル規模の支出パッケージを発表した。 これは、経済回復を加速するために危機モードの景気浮揚策を取り戻そうとするグローバルトレンドに反するものである。

Cormann氏は、「日本が実際に有益な影響を最大化できるように、景気浮揚パッケージの設計と実装が非常に重要である」と述べた。

OECDは、アンケート調査では、金利引き下げ圧力と国内資金調達の大部分によって、政府は比較的緩やかな回復にもかかわらず、財政赤字を維持することができたと述べた。

世界3位の経済規模を誇るこの経済は、第3四半期に消費不振と供給不足の影響で連換産3.0%減少したが、今四半期には反騰すると予想されます。

(Daniel LeussinkとKantaro Komiyaの報告、Kim Coghill&Simon Cameron-Mooreの編集)

READ  誘導 - 新井、女性-70kg金メダル獲得、日本のメダルラッシュを維持

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close