Breaking News

最初に宇宙で育ったラット胚:日本の研究者

Estimated read time 1 min read

日本の科学者グループは、マウス胚が国際宇宙ステーションで培養され、最初の研究で正常に発達し、人間が宇宙で繁殖することが可能であることを示唆していると述べた。

山梨大学先端バイオテクノロジーセンターの教授である日彦和歌山(Teruhiko Wakayama)と日本航空宇宙局(JAXA)チームを含む研究チームは、2021年8月に冷凍ラット胚をロケットに載せてISSに送りました。

宇宙飛行士はこの目的のために設計された特別な装置を使用して初期段階の胚を解凍し、4日間停留所で成長させました。

微小重力条件下で培養された胚は、一般的に胎児と胎盤に発達する細胞である胚盤胞に発達したと科学者たちは言います。

研究陣は去る土曜日科学ジャーナルアイサイエンス(iScience)にオンラインで掲載された研究で今回の実験は「重力が大きな影響を及ぼさないことを明らかに示した」と明らかにした。

彼らはまた、地球実験室に送られた胚盤胞を分析した後も、DNAと遺伝子の状態に大きな変化はなかったと述べた。

今回の研究では、「哺乳類が宇宙で繁栄できることを示す最初の研究」と、山梨大学と国立研究所のリケンが土曜日の共同声明で明らかにしました。

声明は「これはISSの完全な微小重力下で初期哺乳類胚を培養した世界初の実験」と明らかにした。

今後はISSの微小重力環境で培養した胚盤胞をマウスに移植し、マウスが子を産むことができるか確認する過程を経て、胚盤胞が正常であるか確認することが必要であると付け加えた。

これらの研究は、将来の宇宙探査と植民地化の任務にとって重要かもしれません。

NASAは、アルテミスプログラムに従って2030年代末に火星旅行を準備するのに役立つように、長期的にそこで生活する方法を学ぶために人間を月に送り返す計画です。

  • 日本の科学者グループは、マウス胚が国際宇宙ステーションで培養され、最初の研究で正常に発達し、人間が宇宙で繁殖することが可能であることを示唆していると述べた。

  • 宇宙飛行士はこの目的のために設計された特別な装置を使用して初期段階の胚を解凍し、4日間停留所で成長させました。

  • 彼らはまた、地球実験室に送られた胚盤胞を分析した後も、DNAと遺伝子の状態に大きな変化はなかったと述べた。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  謎の "中間質量」ブラックホールの発見や太陽の約142倍の国際的な研究の写真1枚国際ニュース:AFPBB News
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours

インド、日本、バイデンの「外国人嫌悪」の発言を拒否

日本現代地下劇場の反軍劇作家カラ・ジュロが84歳で死亡した。