技術

最大7000MB / sの超高速NVMe SSD」WD_BLACK SN850」徹底レビュー最速クラスに比べて真の実力を公開します – GIGAZINE



西デジタルで最高の読み取り速度7000MB / sを誇るPCIe 4.0のサポートM.2 NVMe SSD」WD_BLACK SN850」が登場しました。この会社の高性能シリーズ「WD_BLACK「最新のSSDが一体どれだけの実力があるのか​​、スペックが近い “サムスン980 PRO「とベンチマークを比較して、徹底的に検証してみました。

WD_BLACK™SN850 NVMe™SSD | Western Digitalストア
https://shop.westerndigital.com/ja-jp/products/internal-drives/wd-black-sn850-nvme-ssd


◆外観
WD_BLACK SN850の外傷はこんな感じ。 名称の通り、黒を基調としたデザインになっています。


ボックスの背面には、スペック情報などが含まれていました。


スペック上は最高7000MB / sの読み取り速度、100万IOPSでのアクセスが可能であること。


SN850は、ヒートシンクのモデルとヒートシンクのモデルがラインナップされており、今回のレビューはヒートシンクのモデル。 ヒートシンクのモデルは、2021年に登場予定とのこと。


マザーボードは、M.2に接続してPCIe 4.0を4車線使用してデータを転送します。


SN850の裏面はこんな感じ。 特に冷却機構はありません。


Samsung 980 PROの背面には、冷却用銅板がついているので、冷却性能が980 PROに勝ちだ。


WD_BLACK AN1500と同様にSN850もWestern Digitalダッシュボードで各種の状態を確認し、設定を行うことができます。 SN850で設定できる「ゲームモード」を選択すると、パフォーマンスを最適化して高速なデータ転送があるとします。


◆ベンチマーク
WD_BLACK SN850は記憶容量に応じて書き込み速度などのスペックが異なります。 (PDF)データシートに基づいてスペックを表にまとめました。

500GB1TB2TBサムスン980 PRO(1TB)
番号WDS500G1X0E-00AFY0WDS100T1X0E-00AFY0WDS200T1X0E-00AFY0MZ-V8P1T0BW
記録方式TLC3ビットMLC
連続読み取り速度7000MB /秒

連続書き込み速度

4100MB /秒5300MB /秒5100MB /秒5000MB /秒
ランダム読み取り速度(4KB、QD32)1万IOPS
耐久性300TBW600TBW1200TBW600TBW
動作温度範囲0℃〜70℃
非動作温度範囲-55℃〜85℃N / A


今回比較することはスペックが近いWD_BLACK SN850の2TBモデルとSamsung 980 PROの1TBモデル。 SN850の通常時のゲームモード選択時980 PROのそれぞれのベンチマークを実行して、パフォーマンスを比較しています。


今回のベンチマークで使用されたシステムの仕様は、次の。

マザーボード:ASRock B550 PG速度
・CPU:Ryzen 9 3900X
・ラム:16GB
・OS:Windows 10 20H2

まずCrystalDiskMarkで読み書き速度を測定。 ゲームモードでは、連続読み取り速度が7018MB / s、連続書き込み速度が5164MB / sとゴンチンルル超える数値となりました。 CrystalDiskMarkは、ゲームモードのオン・オフに速度に大きな差は見られずに。 980 PROと比較SN850が勝利するという結果。


AS SSDのベンチマークゲームモードを選択する予定読み書き速度の差が顕著に現れた。


ATTOディスクベンチマークしかし、ゲームモードのオンとオフの書き込み速度が100MB / s程度の違いを見ることができます。 どのベンチマークでもSN850 980 PROの読み取りと書き込み速度で勝る結果となりました。


ATTO Disk Benchmark実行完了直後のSSDの温度をCrystalDiskInfoで確認した結果が次の。 ゲームモードは、読み取りと書き込み速度を向上させることができ代わりに、高負荷時の本体の温度が上昇した。 銅板の980 PROの冷却性能が優れていることがわかります。


SN850と980 PROが使用するマルチレベルセルは、低コストのSSDを大容量化技術であるが、書き込み速度の低下というデメリットも存在します。 最近のSSDは、そのような書き込み速度の低下を克服するために、メモリの一部をシングルレベルセル(SLC)のキャッシュとして活用して高速書き込みを実現していますが、当然キャッシュが枯渇すると、書き込み速度は遅くなってしまいます。 SN850と980 PROキャッシュの性格の違いがあるのか​​、ベンチマークツールfioを使用して大量のデータを送るの帯域幅の変化を確認しています。

fioのベンチマーク時に使用されたパラメータは、次の。 ドライブの全領域を利用して大容量のファイルを連続書き込みキャッシュを枯渇させ、帯域幅の変化を見ています。

ブロックサイズ:1MB
スレッド:4
・iodepth:32

980 PROと比較する前に、SN850団体の実力を見ています。 ファイルシステムを介して大量のデータを記入した結果が次の。


キャッシュ容量枯渇による速度低下が顕著に示している。 ゲームモードはすぐに書くだけ早いタイミングでキャッシュが枯渇しています。


キャッシュが枯渇した後は、通常モードでもゲームモードも約1000MB / s程度まで書き込み速度が低下しています。


一般的なファイルのコピーなどのファイルシステムを介して行われますが、OSのインストールなどは、ファイルシステムを経由せずにデバイスに直接データが記録されます。 SN850でファイルシステムを介さずに直接デバイスに記録する時とファイルシステムを介してデータを書き込む場合、書き込み速度を比較すると、ファイルシステムを経由していない場合の方が700MB /秒程度速く書くことができます。


今回のベンチマークは、データを並列に記録スレッド数を「4」に設定されています。 試しにスレッド数を「1」に変更し、「4」の場合と比較してみたところ、大きな違いは確認できません。


薄い青色をSN850、ダークブルーをSN850ゲームモードでは、オレンジを980 PROにファイルシステムを介して書き込み速度を示したグラフが次の。 キャッシュが枯渇するまでSN850 980 PROを圧倒して、キャッシュの容量もSN850が圧勝。 ただし、キャッシュ枯渇後の書き込み速度は、980 PROの手が上がっています。


SN850、SN850のゲームモード、980 PROのファイルシステムを介さずに書き込みを行った場合の速度はこんな感じ。 SN850と980 PROは、ファイルシステムを介して時と傾向に変化はないが、SN850ゲームモードでは、ファイルシステムを経由していない場合は、キャッシュの高速書き込みがほとんど行われていない結果。 それだけ継続的に1800MB / s程度の安定した書き込み速度を維持することができます。


◆まとめ
WD_BLACK SN850はスペック通り、最大7000MB / sでデータを読み込むことができる高速SSDであることを知ることができました。 SLCキャッ​​シュ容量も豊富で瞬間的な書き込み性能は同等Samsung 980 PROを圧倒しています。 ただし、キャッシュ枯渇後980 PROの優秀性が輝きました。 ベンチマーク時の発熱にも銅板を備えた980 PROの方が冷却面で勝っていました。

しかし、980 PROは、SLCキャッ​​シュが少なかったり、公称の読み書き速度に少し達したり……と、すべて一長一短があります。 「とにかく額面の最高速度を手に入れたい!」という人にはSN850は非常に魅力的なSSDになります。

WD_BLACK SN850には、3つの容量があり、500GBモデルは1万6780円、1TBモデルは2万6230円、2TBモデルは5万9730円でAmazonで販売されています。

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD M.2-2280 NVMe PCI-E Gen4 SN850ゲームPC 500GB 5年保証WDS500G1X0E-EC【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD M.2-2280 NVMe PCI-E Gen4 SN850ゲームPC 500GB 5年保証WDS500G1X0E-EC【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD M.2-2280 NVMe PCI-E Gen4 SN850ゲームPC 500GB 5年保証WDS500G1X0E-EC【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  [리뷰]Oculus Quest 2ユーザーはマストバイ! VRバトルロイヤルゲーム "POPULATION:ONE」 - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close