science

最後にワームホールを「安全に渡す “方法が発覚! 1万光年を1秒に移動すると、キーは5次元宇宙だった! (最新の研究) – TOCANA

スペースオペラの世界でよく登場するワームホールが、私たち人類は、この「時空のトンネル」を活用することができるのだろうか? 最先端の理論によると、私たちがワームホールを通過するための鍵は、「5次元」にあるという。

■ワームホールを安全に通過するには

入口から入って出口から出てみると、遠くの宇宙に移動しているか、または平行世界に放り出されたりする驚異の「トンネル」がワームホールである。

一般物理学で理解することができないワームホールだが、驚くべきことに、米プリンストン大学の2人の物理学者が、人間が安全に、そして周りに影響を与えずにワームホールを通過することができる方法を説明している。

プリンストン大学の理論物理学者、フアン・マルダセナ教授と同大学の卒業生で天体物理学のアレクセイミーレヒン氏は高次元宇宙の観点から世界を説​​明する「ランドール=酸度ラム(Randall-Sundrum)」モデルを使用して、人間このワームホールを通過することができる解決策があると指摘している。

この驚くべき研究では、「Humanly traversable wormholes」というタイトルで、今年8月に学術論文アーカイブ」arXiv.org」で公開された。

「Mysterious Universe」の記事より

天文学系ニュースメディア「Universe Today」は、すぐに研究チームメールインタビューを通じ、帰ってきた答えは、次のとおりである。

「通過可能なワームホールが存在する特殊な状況が必要です。ここには、負のエネルギーの存在が含まれています。これは、古典物理学的には認められないが、量子物理学の領域では、説明することができます」(研究チーム)

3次元空間+時間という4次元の観点では、もしワームホールが存在したとしても、入口から出口に出てくるまでの時間は、ワームホールを通過せず、入口と出口の二つの点を移動するよりも時間がかかるという。 つまりワームホールを通過した方が移動速度が遅くなるだろう。

さらに悪いことに、ワームホールは存続期間が短く、揮発性であるため、それがなくなる前に出口側に到達することができ呼ばれる。 ワームホールを通過する間にワームホールが崩壊してしまうだろう。

最後にワームホールを安全に通過するが発覚! 1万光年を1秒に移動すると、キーは5次元宇宙だった! (最新の研究)の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

最後防止にはワームホールを通過することができるのは、粒子レベルであり、まして船が通過しているようなものはないということだ。 このように4次元を前提にすると、量子物理学を持ってもワームホールは、人間とは無関係な存在となる。

しかし、丸めるセナ教授によると、5次元の観点からワームホールを理解すれば、私たちは、このワームホールを便利な移動手段として活用できるというものである。

READ  木星の衛星は合計数百かも? 研究は、次世代の観測手段に期待| ガジェット通信GetNews

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close