世界

最後TV討論トランプ “やや勝利”バイデン優位の大勢は変わらず、選挙戦は最終盤に| 冷泉彰彦| コラム

選挙戦最終盤への影響は限定的なものと見られる(サンディエゴレストランのモニターに映し出された討論会の様子)Mike Blake-REUTERS

<이전부터 일전, "예의 범절이 좋았다"트럼프에 바이든은 약간 실점 한 감이 ...>

現地時間10月22日木曜日の夜、テネシー州ナッシュビルで大統領選挙TV討論が行われた。 この討論会であるが、第1次の議論が「史上最悪」と言われたことを受けて、今回も混乱することがないかと疑っていました。 そこで今回は、「それぞれの発言の最初の2分 “は、”相手のマイクをミュート」という措置がとられるようになりました。この措置は議論にどのような影響を与えるかも注目されていました。

結果的には意外な結果となりました。 とにかく「カオス」と言った第1回と比較すると、今回は、「一応議論があった」からです。 マイク「ミュート」したことが効果だけでなく、両候補、特にトランプ側が正しく措置を守ったことが大きいと思います。 社会のクリスティン・ウォーカー記者(NBC)の審判でも素晴らしいしました。

これは多くの政治アナリストはサプライズだったようです。 世論調査で大きく劣勢と知られているトランプ大統領は卑しいまで独自色を出して議論を引っ掻き回したり、特にバイデン候補の次男ハンターバイデン氏関連疑惑などを展開して、「思い切り話題性を演出する「作戦に出ると思っていたからです。

トランプ大統領は別途気力が衰えていたわけではなく、途中からは「移民の子供を入れる非人間的な刑務所は、オバマ政権が作った」などのいくつかの種類の偽のニュースを何度も展開して強調していました。また、自分はコロナに免疫があるか、 (第3波が懸念される中にも)経済をますます再開しなど、普段トランプ節を繰り出していました。

しかし、多分脳の信念に基づいて模擬討論もしてきたようで、とにかく意外トランプては、「自制気味」でした。 一方、バイデン候補の方も宣伝はしていましたが、ちょっと失点した感じがありました。

まだカード幕末も

以下直後の感想を箇条書きにメモします。

(1)トランプは発言妨害ほとんどしておらず、暴言一歩手前で止まった場合が多かったし、「期待値が低い」したり、ポイントを得た様子。

(2)一方のどれかが、9月29日に「カオス討論」も張られておらず、10月15日、ABCが放映した「対話の会」では、深みのあるトルクが民主党支持者に好評だったため、「期待値が上がって “いた。 そんな中今回は、やや失点が目立った。

(3)カードの方言の中に「私は北朝鮮との間であるため、爆弾飛んで来ない」と、「自分はコロナの生涯免疫があるかも」「息子も陽性されたが、すぐによかった。子供かからないので、学校はすぐに開け」など普段の「線を越えた」内容もあった。

次のページ厳罰化を材料にバイデン批判

READ  年末がなくなったように、「仕事の忘年会」は、このままなくなるか1年の6分の1にも飲み会の調整の無駄| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close