経済

最新ニュースアップデート:住宅価格の上昇と貯蓄による英国の家計資産の急増

米国のコビッド-19入院レベルは11月に上昇し、米国の夏の波による2カ月間の下落を終えました。

入院の増加は、毎日新しいコロナウイルス感染と死亡者の増加を伴い、米国から冬に向かうファンデミックの5番目の波に対する懸念を引き起こしました。

フィナンシャルタイムズ(Financial Times)が水曜日に発表した保健福祉部(HHS)データの分析によると、11月30日基準の米国病院のコロナ19患者は5万8067人だった。 これは10月末より20%増加したもので、7月末以降最も低い水準ですが、8月末の夏最高値である103,000人よりはるかに低い水準です。

HHSデータのFT分析によると、米国の週の約5分の3から7日の平均入院が10月末よりも高くなっています。 ミシガン州と気温が下がったメイン、ニューハンプシャー、バーモント州の北東部州では、11月の平均患者数が最も多かったと報告しました。

米国疾病管理予防センター(CDC)の資料によると、11月30日までの1週間、米国で1日平均約82,500人の新しいコビッド-19事例が発生し、これは10月末以降16%増加した数値です。

コビッド関連の死者は平均816人で、10月末の1日にほぼ1,200人から減少しましたが、感謝祭の長い週末による報告の遅れにより、最新の数値はより低い可能性があります。

米国疾病管理予防センター(CDC)資料によると、米国人口の70%以上がコロナ19ワクチンを少なくとも1回接種され、59.4%がワクチンを完全に接種された。 ほぼ4,200万人のアメリカ人がブースター注射を受けました。

アンソニー・パウチ(Anthony Fauci)博士は、水曜日のホワイトハウスで開かれたメディアブリーフィングで、約8000万人のアメリカ人がコロナ19の予防接種を受けていないと強調しました。 彼は、カリフォルニアでオミクロンの亜種コロナウイルスの最初の米国事例が確認されたと述べたときに、予防注射に合うように登録するように依頼しました。

READ  中国、日本の輸出のトップバイヤーに米国追い越し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close