経済

最新ニュースアップデート:Omicronが広がるにつれて、イギリスとユーロ圏の活動が遅くなる

コロナウイルス感染の急増に対処するための規制がサービス部門を強打した後、ユーロ圏の事業活動が鈍化した一方、供給ボトルネックが緩和されているという兆候が現れたことが調査が明らかになりました。

IHSマーケットフラッシュユーロ圏総合購買管理指数は、12月にほとんどの経済学者が予想したよりも下落し、9ヶ月最低値の53.4で前月の55.4から下落しました。

ドイツ、イタリア、オーストリア、オランダを含む多くの国々が最近、より強力なコロナウイルス対策を発表しました。 これらの制限は、サービス部門、特にレストランや店舗での顧客の流れを減らしています。

IHSによると、サービス業界のPMIスコアは50以上に保たれ、大半の企業が1ヶ月前よりも高い活動レベルを報告していますが、サービス成長の鈍化は製造業よりも急峻になっています。

企業は、工場の注文バックログ、港の混雑、および材料不足を引き起こしたグローバルサプライチェーンの問題が改善され、製造業者が9月以降の最大生産量増加を報告するのに役立ったと報告しました。

IHSマーケットのクリス・ウィリアムソンシニアビジネスエコノミストは、「ユーロ圏経済がコロナ19で別の打撃を受けている」と述べた。

ドイツ企業は、PMIスコアが18ヶ月の最低値である50に下落し、活動が停滞し、2020年6月以降初めて商品およびサービスの注文が減少したと報告しました。

企業は若干の成長鈍化を報告し、IHSマーケットは「相対的に回復力のあるサービス部門が過去3ヶ月間に第二に製造業生産量減少を相殺するのに役立った」と述べた。

READ  第2回APEC国間の電子商取引教育ワークショップ正常に終了

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close