理科

最新世界ランキング100位に入った日本大学5か所





東京大学の安田講堂は、2021年2月19日、東京文京区で見ることができます。 (Mainichi/Kimitaka Takeichi)

東京 – 6月9日、イギリス大学評価機関が発表した2023年の世界ランキングで、日本の大学5カ所が100位以内に聞こえ、東京大学は日本の大学の中で最も高い23位を記録した。

QS Quacquarelli Symondsは、2023年にQS World University Rankingsで世界1,418の大学を選定し、日本の50の大学を含んでいました。 これは国際的に有名な2つの大学ランキングの一つです。 もう一つはTimes Higher Education(THE)によって発表されました。

QSは15万人以上の学界に対する評判、研究の影響力を示す教授1人当たりの引用論文数、学生1人当たりの教授比率など6つの指標に基づいて順位を付ける。

日本では東京大学が2年連続23位、京都大学(36位)、東京工業大学(55位)、大阪大学(68位)、東北大学(79位)が続いた。 100位から200位の日本大学の4カ所は、名古屋大学が112位、九州大学が135位、北海道大学が141位、京王大学が197位でした。

米国マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)が11年連続1位、英国ケンブリッジ大学(University of Cambridge)が2位、米国スタンフォード大学(Stanford University)が3位を占めた。 アジア諸国および地域の中ではシンガポール国立大学が5年連続11位を記録し、急速に発展している北京大と中国清華大学がそれぞれ12位と14位を記録した。

2022年版と比べると、日本の50校のうち19校が順位で滑った。 一方、11の大学は順位が改善されましたが、18の大学は順位に変動はありませんでした。

東京大学は順位を維持したが、「教授当たりの引用回数」は128位で前年より25階段下落した。 QSは、東京大学がほとんどの指標で良い成果を出していると評価したが、大学で研究の影響力が減っていると指摘した。

QSのBen Sowterの上級副社長は、データによると、日本のランキングの下落の主な原因は研究成果の下落だと述べた。 彼はこれが日本が過去20年間の知識資本への投資が不足していた結果だと分析した。 これは修士学位の卒業生数が継続的に増加している中国とは明らかに異なる。

同氏はまた、日本政府が大学支援のために設けた10兆円(約740億ドル)基金に言及し、衰退している日本の研究活動を復活させるための有望な措置だが、結果が現れるまでには数年かかるだろうと述べた。 ランキングで。

(日本語オリジナル: Shimpei Torii, Science & Environment News Department)

READ  日本の専門家は、災害比のグローバルスタンダードを作成しようとします

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close