最近、韓日両国歌手らが出演するバラエティ番組が爆発的な人気を得ている。

Estimated read time 1 min read

産経がMBNバラエティ「韓日李王殿」を紹介する。 韓国ウタゴコロリでは好評を受け、「今、日本の大衆文化は完全に開放された」という。

うたごころりが「雪の花」を歌っています。 [Screenshot of MBN]

最近、韓日両国の歌手たちが出演するバラエティ番組が韓国で爆発的な人気を得て日本でも注目を集めている。 日本の一部のマスコミは、自国歌手たちのYouTube映像が韓国視聴者たちの好評を受けていることに注目している。

彼らのいわゆる「グクポン」の心理は、彼らの歌手たちの国内人気に刺激を受け、実力とグローバル人気の面でJポップがKポップに押し寄せ続け、自尊心に傷ついた。

13日、日本産経新聞(サンケイ)は去る7日に終映したMBNバラエティ番組「韓日王殿」について集中報道した。 サンケイは「韓日王殿」が初回11.9%で始まり、着実に10%台前後を維持し、最後の回では15%を超える異例の視聴率を見せたと紹介した。 '韓日の王'が地上波、終編、ケーブルを含めて6週連続同時間帯視聴率1位を占めた。

特にサンケイは「雪の花」を歌った日本歌手のうたごころりえ(50)の人気を強調した。 新聞は宇多子コロリに対して「21歳で3人組グループボーカルでデビューしてテレビ広告にも出たが、長い間ヒット曲がなかった」とし「今は食堂を運営している」と伝えた。 夫とライブで遊べる」と話した。

続いて自分が歌う映像が視聴数260万ビューを超えるほど人気が​​高いとし「歌を聞いて泣いた」、「日本語を学んでファンレターを書きたかったのに、」、「こういう実力ある人を放置したのは日本の歌謡界が間違ったことだ。 」

勇栄子子さんは、産経新聞とのインタビューで「私も韓国語で歌うことに挑戦したい」とし「いつかは韓国の歌で認められるようにしたい」と話した。

うたごコロリの他にも「韓日王戦」に出演した日本歌手たちが国内で相当な人気を得ている。 別の日本出演者の隅田愛子(Aiko Sumida)は、自身の歌「ギニラギナ・サリゲナク(Giniragina Sarigenaku)」で注目を集め、関連YouTube映像の視聴回数はほぼ300万回に迫った。

はい

一方、新聞は在日韓国人専門家の言葉を引用し、日本語で歌う日本の歌が韓国のお茶の間に自然に響き渡ることが驚くと伝えた。 日本大衆文化の国内開放は金大中政権時代の1998年に行われた。 しかし以後、韓国放送会社らは韓国内の強い反日情緒を憂慮して日本音楽の取り扱いを自律的に規制してきたし、日本の大衆文化が今や韓国に全面開放されたと新聞は主張する。

新聞は「反日イメージが強い韓国で日本を支持する韓国人たちの姿は韓日対決という設定にもかかわらず、自信を持って韓日関係が変化する姿を見せているようだ」と伝えた。 」

最近、韓国で日本の歌手たちの人気が「トロットブーム」とも関連があるという点も指摘した。 新聞はまた「日本のエンカを基盤に韓国が独自に開発したトロットが広く人気を集め、相対的に反日情緒が強い50代以上の世代も偏見なく日本文化を楽しめるようになった」と伝えた。

READ  札幌、2030年冬季オリンピック誘致放棄:日本オリンピックボス
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours