経済

最近のウイルスの緊急事態は、日本の景気回復期待を弱めることができます

コロナウイルス感染症に対する日本の新しい緊急事態は、消費をさらに悪化させ、経済回復への希望を否定すると、経済学者たちは警告しました。

菅義偉首相は金曜日、今後ゴールデンウィーク期間中コロナ19急増を抑制するために、東京と大阪、京都、兵庫西部県で日曜日から5月11日まで有効第三非常事態を宣言しました。 年中最も忙しい時間の一つです。

この宣言に基づいて、地方当局はアルコール飲料、デパート、ショッピングモールを販売する施設の閉鎖を含む、より厳格な制限を課すことになります。

ダイワ研究所のシニアエコノミストであるKeiji Kandaは非常措置の影響で「経済が今回の四半期にマイナス成長を示す可能性があります。」と言いました。

多くのアナリストは、日本の経済が東京、大阪、その他の都市を含む、日本の一部の地域で第二の緊急事態が発生した前四半期の低迷から4-6月の期間に反発すると予想している。 その緊急時に早期にドアを閉じるように要求されたレストランやバーなどの食品サービス産業が大きな打撃を受けました。

1月から3月までの国内総生産(GDP)のデータは、来月発表される予定だが、経済学者たちは、すでに世界第3位の経済規模の縮小を予測するように悲観的です。

日本経済研究センターが今月初めに発表した36人の経済学者の平均予測によると、経済は前期比3ヶ月の間、年平均6.09%減少したと予想されており、これは第3四半期ぶりに萎縮したものである。

調査では、彼らはまた、次の四半期に経済が反発するだろうと予測しました。 しかし、このような楽観はウイルス、特に変異された、高度に伝染性が強い亜種菌株の突然急速に拡散し、消えました。

主流販売だけでなく、デパート、ショッピングモール、遊園地などの主要な商業施設の一時閉鎖要請を伴う包括的な三番目の緊急事態は、国内GDPを月に6,000億円(56億ドル)減少させることが期待されます。 、神田は言った。

シュガーは記者会見で「ウイルスの拡散を防ぐことに成功した場合の経済への影響は大きくないだろう」と述べた。 ゴールデン期間に、すでに多くの企業がドアを閉じたときにのみ集中措置を取ると強調した。 週。

しかし、この主張を額面どおりに受け入れるアナほとんどありません。

「政府が計画したとおり、緊急事態が数週間以内に終わるだろうとは思わない。 2ヶ月程度延長することができ、ターゲット地域も拡大することができます。」とKandaはなお最近の緊急事態が全国的に拡大されると、経済的被害が大きくなると付け加えました。

実際、昨年の春、最初のウイルスの緊急事態は4月初め、東京と6つの県で初めて発行された後、約1ヶ月の間に、全国47の県全体に拡大されました。

最初のウイルスの緊急事態は、昨年4〜6月の期間中に記録的な年間の実質GDPの減少をもたらした。 それ以来、経済は2四半期連続で2桁の成長率に回復されています。

「予防接種が成功するまで、経済回復速度が遅くなります。

SMBC Nikko Securities Inc.のシニアエコノミストであるYoshimasa Maruyamaは経済が今回の四半期に年間実質4.0%縮小すると予測している。

第三の緊急事態は、1〜3月に比べて消費が1兆3千億円減少すると予想される。

宿泊施設や食品サービス業界は、大流行と後続の危機対策の結果として、すでに売上高が大幅に減少したが、小売業者やエンターテイメントサービスプロバイダなどの他の部門で新たな緊急事態による被害がより明確になることができるとMaruyamaは言いました。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  BOJはKurodaで正規化の限界に達していた

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close