理科

最近の行動経済学の提案…投資でよく稼ぐ人と大きな損害してしまう人の決定的な違いと考えの習慣を制御する秘訣| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

投資に成功している人は、どのような思考回路なのか。名古屋商科大学ビジネススクール教授岩澤誠一氏は「株価が上がった場合、多くの投資家は頻繁に価格を確認し、利益が出ている中で、これを確定させようと早く売却する傾向がある。一方、下落した場合には、現在の価格を見ようとしません。購入価格よりも下回る価格で売ることに強い抵抗感を感じる残り損切りできず、パフォーマンス退屈株式を延々と保有傾向」とする。蜂の投資家は、このような考えの習慣をどのように克服してあるのだろうか – 。(後編/計2回)

※この記事は、岩澤誠一 “ケースメソッドMBA04行動経済学「(ディスカヴァートゥエンティワン)の一部を再編集したものです。

たとえば、「80%の確率で10万円獲得or20%で1万円しか得ることができない」ではなく「今8万円を獲得することができる」を選択する人が多い。 一方、「今マイナス10万円」より「50%からマイナス20万ウォンor50%で0円」を選択する人が多数。このようにお金を得るとき、人は「危険回避」行動をとるが、お金を失うとき逆に「危険追求」行動をとる傾向があると「展望理論」は指摘する。

1万円の損失を補償はXの万円の利益があるべきである。

([문제 1,2]を解説した前編から続く)

【問題3】いきましょう。

[질문 3]
a | (50%、X円; 50% – 10,000円)
b | (100%、0円)←bを選択すると、「何も起こらない」という意味です。
あなたは、Xがいくら以上あれば、オプション(a)を選択しますか?

「50%の確率でプラスX円50%の確率でマイナス1万円」の宝くじを買いたくなるためには、Xがいくら以上なければならないかという問題です。あなたの答えを聞いてみよう。

【エフ】5万円。
【地】5万円。
【H】2万円。
【私】1万円。
【ジェイ】10万円。
【ケイ】20万円。
【エル】100万円。
【ミディアム】2万円。
【円】3万円。
【ヨウンヒョン】5万円。

[岩澤]ありがとうございます。 L氏の100万円が最も大きいですね。 Lさん、マイナス1万円嫌ですか?

【血】イヤホンです。 実際には100万円でも嫌い(笑)。

[岩澤]なるほど。 この皆さんが答えてくださった金額が何を表すか知ることができますよね。 50%の確率で1万円を失うかもしれない、それはすべての “いいえ”ですね。 ここに書かれた金額は、その痛みを補うための痛みの価格であるわけです。 あなたの心の痛みは、かなり大きなものだし(笑)、中央値が5万ウォンです。 1万円の損失を補償は5万円の利益がなければいけない。 損失の苦痛は大きいので、それを補うには損失を上回る利益がなければならないというのがポイントです。

カネ作成は、同様の実験を繰り返した金額の損失に起因する心の痛みは、同じ量の利益による心の喜びの1.5〜2.5倍と話をしています。この点を加えたことが見込ま理論(※1)グラフの完成形になります(図1)。

図1は、原点 – 基準点とし – 距離グラフが折れていて、1万円の利益に沿った心理的価値、1万円の損失に伴う心理的価値とを比較すると、後者のより大きなものを示しています。

※1(※)の展望理論:お金を得るとき、人は「危険回避」行動をとる一方で、お金を失うときは、 “危険追求」するなど、人々の好み、経験的傾向を示す理論。

READ  ここを見ているかどうか...多波長で観測した神秘的な目らせん星雲」| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close