エンターテインメント

最近K-popヒット歩みの後ろに隠れた才能は20歳の日本のダンサーです。

韓国のユニークなK-popミュージックジャンルは、近年世界中を見据えています。

しかし、グローバル現象のすべての要素が韓国で作られたわけではありません。

このジャンルのダンスの動作の一部は、近隣の日本で20歳のダンサーであり振付家であるReina Kanekoが作っています。

最近、K-POPバイラルダンス映像を作った才能あるカネコは1月、ソウル歌謡大賞で大賞を受賞したGOT BeatとNCT 127の振り付けを引き受けた。

オンラインでReiNaとして知られているKanekoは5歳でダンスレッスンを始め、数年後に競争のための最初の創造的な振り付けを作り、中学校でヒップホップダンスワークショップを教えていました。

彼女がダンスビデオを投稿するInstagramの176,000人のフォロワーには、Rihannaのようなグローバルスーパースターが含まれています。

Kanekoは、2年前にK-popグループの振付師のためのエンターテイメント代理店の雇用提案を見つけるために電子メールを開いてショックを受けたと述べました。

カネコはロイターとのインタビューで「彼ら(韓国のボーイバンド)は規模が大きすぎて(振り付けを振り付ける)、私が余裕がある圧力をはるかに上回った」と話した。

「しかし(振り付けに)私が持っているすべてを入れようとしました。 そして、アーティストの振り付けをするようになれば、他の人よりも輝く振り付けをしたかった」と話した。

SMエンターテインメントは、NCT 127の「Favorite(Vampire)」、NCT Uの「Universe(共遊びましょう)」、「Make Wish」、GOT Beatの「Step back」振り付けにカネコを雇ったと確認した。 所属事務所はインタビューの要請を拒否した。

コロナウイルス感染症は、旅行を排除することによって作業を少し難しくしました。 Kanekoは非常にゆっくりと踊りながら振り付けを説明する映像や、他の人と編成する公演を含む一連のビデオを録画しなければなりませんでした。

東京スタジオでヒップホップの授業を受けていた22歳のダンス学生、山田翔也(Shoya Yamada)は、「彼女は国際的に働き、幼い頃に大きなスターのために振り付けをしています」と話しました。 「彼女は私の先生なので、私は彼女がとても誇りに思って幸せです」。

Kanekoは東京で講義するだけでなく、海外のダンサーのためのオンラインレッスンを開き、日本のアーティストのためのステージパフォーマンスを振り付けます。

ダンスのインスピレーションを得るために、彼女は原宿の東京ファッション地区で買い物をするのが大好きで、履歴書が新しいレベルに達している間、いつも本当にダンスを愛する隣の女の子になると言います。

「現在の私の目標は、ダンスが本当に驚くべきことを世界に見せることです」と彼女は言いました。

READ  「モンスターハンターライズ」の実際のプレイ世界初公開も予定。 Web特別学生プログラム・CAPCOM TGS LIVE 2020追加情報

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close