最高裁判所、日本企業への強制徴用賠償命令

Estimated read time 1 min read

韓国最高裁判所が日本の第3企業に強制徴用被害者に賠償するよう命令した。

韓国の判決は日本から直ちに非難を呼び起こしたが、観察者たちは今回の判決が両国関係に大きな悪影響を及ぼす可能性は低いと述べている。 両政府は、北朝鮮の核問題や中国の主張といった共同の課題に直面し、協力の促進に真剣に取り組んでいるからである。 。

最高裁判所は、朝鮮企業の日立造船(Hitachi Zosen Corp)と重装備メーカーの三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)が韓国原稿17人にそれぞれ5千万ウォン(約39,000ドル)から1億5千万ウォン(約116,000ドル)支払わなければならないと判決しました。 生き残った元労働者と残りの遺族。

三菱と日本製鉄は先に韓国裁判所から同様の賠償命令を受けたことがあるが、日立は今回の判決が初めてだ。

2018年最高裁判所が三菱と新日鉄住金に2件の別々の判決を下し、元韓国人職員に韓半島戦争当時強制的に労働力を提供したと賠償するよう命令したため、韓国原告らに有利な判決が出ると広く予想された。 1910年から45年まで日本の植民地だった。

12月21日、最高裁判所は三菱と新日鉄住金に、同様の植民地時代の強制徴用に対して他の韓国人に賠償するように再命令した。

これに日本外務省は駐日韓国の上級外交官を呼び、公式抗議した。 駒津博之日本外務省アジア大洋主国局長はこの日の会議で「韓国の今回の判決は非常に残念で絶対受け入れられない」と話した。

なまず首相は1965年、国交正常化を通じて両国間のすべての賠償問題が解決されたという日本の長い立場を固守した。

2018年と今月の韓国判決は、日本企業が強制徴用労働者を雇用したのは、日本の不法植民支配と日本の不法植民支配と連携した「人類に反する違法行為」であるため、この条約は個人の強制徴用賠償請求を防ぐことができないと主張した。 侵略戦争。

2018年の判決は、両国関係を数十年ぶりに最低水準に急落させました。 日本は核心品目に対する輸出制限措置をとり、韓国は日本との軍事情報共有協定を破棄すると脅した。 しかし、2023年に保守ユン・ソクヨル大統領が率いる韓国政府が日本の貢献を要求せずに強制徴用被害者を補償するための国内基金を設立した後、2人の関係は大きく改善し始めました。

2018年の判決に参加した強制徴用者および遺族15人のうち11人はソウル市の第三者報酬案による報酬を受け入れたが、残りの4人はこれを拒否した。 イム・スソク外交部スポークスマンは「政府は第三者報酬制度を通じて木曜日の判決と関連して韓国原告らにも報酬を提供する案を模索するだろう」と話した。

___

東京のAssociated Press記者、Mari Yamaguchiがこの報告に寄稿しました。

READ  日本経済| 国と世界のニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours