経済

月が見える部屋:日本は月へのリモート建設を見ている

TOKYO – 構造物がレンガとモルタル、さらにグリーンチーズで作成されない場合がありますが、日本では、建設機械を遠隔的に動作する既存の技術を活用して月面の資源を探査するための国際的な競争に参加して月に建設する計画です。

東京は早ければ2030年までに月に無人基地を建設することを目標としており、2025年までに建設方式を確立することを目指しています。 研究開発を公的資金で処理する必要が民間企業は、9月に選定される予定である。

政府は、建設、機械、自動化、および検出技術に関する専門知識を持つ企業と協力しています。

一つの計画は、被災地のような移動を禁止場所で、現在使用されている技術を利用して、月の地形で動作することができる自律機械を開発することです。

重力から温度まで月の環境は、地球環境と大きく異なるため、既存の技術を変更する必要があります。 月の機械を操作するには、高速通信が必要です。

妥当性は2021年会計年度にテストされ、具体的な技術の開発の初期計画は早ければ2022年会計年度に決定されます。

国の宇宙開発プログラムの一環として、このプロジェクトは、日本の航空宇宙探査局を監督する教育文化科学技術部と内閣府と協力して、国土交通省で管理します。

READ  製薬会社は、COVID-19注射で数十億ドルを稼いです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close